1. TOP
  2. 未分類
  3. 英ウィリアム王子、W杯で敗退を喫したイングランド代表にツイート「この代表チームはこの上ない誇り」

英ウィリアム王子、W杯で敗退を喫したイングランド代表にツイート「この代表チームはこの上ない誇り」

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 9 Views

Filed under: , , , , ,

イングランドは延長戦の末、52年ぶりの決勝進出をかけたロシアW杯準決勝でクロアチアに1-2で破れた。


しかし、その数分後、英ウィリアム王子は、ケンジントン宮殿のツイッターアカウントで悲しみに暮れるイングランド代表に対しツイッター上で以下のようにコメントした。

「イングランド代表が、今いかに落胆しているか気持ちは良く分かります。ですが、この代表チームはこの上ない誇りだと思っていますし、あなた方は胸を張るべきです。信じられないようなワールドカップで歴史を作り、私たちファンに心の支えを与えてくれたのです。イングランド代表チームが更なる活躍をすると信じています。W」

投稿の最後には、”W”とウィリアム王子の署名が付いている。我々が知る限り、ウィリアム王子自身の言葉がこのケンブリッジ公爵夫妻とサセックス公爵夫妻の150万を超えるフォロワーを持つ人気アカウントから投稿されるのは初めてだ。

イングランドは14日、サンクトペテルブルクでベルギーとの3位決定戦に挑む。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2大ヒーローのイカした競演。甑島列島のイカ干し機を見ていると、胸が熱くなる(動画)

  • 序盤・中盤・終盤、隙のない豊島八段が羽生竜王を破り「棋聖」に。平成生まれ3人目のタイトルホルダー

  • 妊娠後期〜育児にFire TV Stickが大活躍した話:ワーママのガジェット育児日記

  • アディダス「再生プラスチックだけを使う」と表明 2024年まで目標

関連記事

  • MazeはInVisionなどのデザインプロトタイプで多様なユーザインタフェイステストができる

  • 6人の女性が明かした理由。「なぜ私は独身でいるのか」

  • 貴乃花一門、貴乃花親方が「返上します」と要望 名称変更へ

  • Code First: Girlsは2020年末までに2万人の女性にプログラミングを教える、そのためのクラウドファンディングも実施中

  • 「老兵は死なず、去らない」高齢議員を自ら引退させる難しさ

  • 「氷上の妖精」リプニツカヤが帰ってきた! フィギュア指導者として活動開始