1. TOP
  2. 未分類
  3. 少量のデータから特徴を抽出する独自AI開発、ハカルスが1.7億円を調達

少量のデータから特徴を抽出する独自AI開発、ハカルスが1.7億円を調達

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 6 Views

AIソリューションの開発を手掛けるハカルスは7月12日、エッセンシャルファーマ、大原薬品工業、キャピタルメディカ・ベンチャーズ、みやこキャピタル、メディフューチャーを引受先とした第三者割当増資により、総額1.7億円を調達したことを明らかにした。

同社は2014年の設立。過去にトータルで1億円を調達していて、今回のラウンドを含めると累計調達額は2.7億円となる。

前回の調達時にも紹介している通り、ハカルスはもともとヘルスケア分野のAIベンチャーとしてスタート。少量のデータからでも傾向や特徴を抽出できる「スパースモデリング」技術を機械学習に応用した、独自AIを開発している。

これによって一般的なディープラーニング技術が抱える「膨大な学習データが必要」「AIの意思決定の過程が人間には解釈できずブラックボックス化している」「大規模な計算資源が必要」などの課題を解決することを目指しているという。

ハカルスでは同社の技術をこれまで産業や医療分野に展開。たとえばドローンで空撮した建物の画像から補修が必要な箇所を特定するようなシーンで利用実績がある。

3月には医療・ヘルスケア分野での利用に特化した開発パッケージ「HACARUS Fit Platform」 を発表しているが、今回の調達資金は医療分野の課題解決を行うソリューションの開発体制をさらに強化するのが目的。

株主となった大原薬品やエッセンシャルファーマ、メディフューチャーとは共同で医療機関と医療従事者に向けた包括的なAIソリューションの開発、AIによる診断・治療支援の事業化などに取り組むという。

なお同社はTechCrunch Tokyo 2016スタートアップバトルのファイナリストのうちの1社だ

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

masumi ohsaki

この人が書いた記事  記事一覧

  • ウェアラブル会話デバイス開発のBONXがリコーから4.5億円を調達、音声ビッグデータの活用も

  • 国産の生地と縫製技術を繋ぎ世界で戦える製品を、D2Cブランド「Foo Tokyo」が5000万円を調達

  • 「cluster.」にVR上で有料イベントができるチケット機能、第1弾はVTuber輝夜月の音楽ライブ

  • 少量のデータから特徴を抽出する独自AI開発、ハカルスが1.7億円を調達

関連記事

  • メルセデス・ベンツ、V型6気筒エンジンを廃止して直列6気筒に切り替えると発表

  • 「最旬インナーダウン」、ファッショニスタはどう着こなす?

  • お金が欲しい。仕事が増えるだけで嫌。出世へのホンネを聞いてみた。

  • 山陽新幹線接触事故「ドン」と音がしながらも走行続ける。JR西日本が会見

  • Google PlayもAmazonもハリウッドを抑えたAppleに横並びで4Kムービーを20ドルに

  • Verizon/Oath傘下だったFlickrをSmugMugが買収、写真サイトとしてのFlickrは存続