1. TOP
  2. 未分類
  3. “持たない自由”実現するレンタルプラットフォーム「Alice.style」開発が3.5億円を資金調達

“持たない自由”実現するレンタルプラットフォーム「Alice.style」開発が3.5億円を資金調達

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 12 Views

高額家電など、機能は気になるけれども「買って失敗したらどうしよう」と手が出せなかった経験、誰でも一度はあるのではないだろうか。また、ママ、パパの皆さんなら、子どものためにできる限りハイスペックなベビーバギーを手に入れたい、と思えども「どうせすぐに使わなくなるからなあ」と諦めた経験を持つ人もいるかもしれない。

ピーステックラボが現在リリース準備を進めている「Alice.style(アリススタイル)」は、そうした商品をメルカリのようなフリーマーケットでなく、個人対個人、企業対個人の「レンタル」でシェアするためのプラットフォームだ。

ピーステックラボ代表取締役社長の村本理恵子氏によれば、Alice.styleがターゲットとするのは、20代から40代の女性。美容家電や生活家電、マタニティーウェアやグッズ、ベビー用品などを対象商品として想定しているそうだ。

CtoCでは週単位での貸し借りを、BtoCではトライアルで商品貸し出しを行い、「気に入ったら買う」というインターフェイスを設けることで、ECにつなぐという。

村本氏は前職のエイベックスグループで、dTVサービスを手がけていた人物だ。デジタルコンテンツを月額500円で“シェア”する、というビジネスを進めるうちに「デジタルだけでなく、リアルでも同じようなサービスができないか」と考えるようになり、ピーステックラボを2016年6月に創業した。

「持たない自由、シェアリングエコノミーをリアルなモノにも展開したい、と考え、そのためのインフラとしてAlice.styleの開発を始めた」(村本氏)

ピーステックラボでは、8月にAlice.styleの正式ローンチを予定している。そのサービス開始を前に、7月11日、リコーリースとアスクルを引受先とした第三者割当増資により、総額3.5億円の資金調達を実施したことを発表した。

今回の資金調達は、2017年9月に実施したエンジェル投資家からの6000万円の調達に続くもので、シードラウンドに当たる。同社は創業から累計で4.1億円を調達したことになる。

同社では、アスクルについては物流の、リコーリースとはリースに関するノウハウの共有を検討しており、資金調達とは別に業務提携契約の締結を予定している。調達資金は事業拡大、開発体制の強化とマーケティング活動への投資に充てるという。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Wakako Mukohata

この人が書いた記事  記事一覧

  • CG業界に特化したマッチングプラットフォーム目指す「CGクラウド」

  • ホテルの市場分析・料金設定を支援する「ホテル番付」の空が1.7億円を調達

  • “持たない自由”実現するレンタルプラットフォーム「Alice.style」開発が3.5億円を資金調達

  • LINEと「Travel.jp」運営のベンチャーリパブリックが資本業務提携

関連記事

  • Airbnb CEO、「来年のIPOは可能、だけどないかもしれない」

  • フランスの有名アパレル店の店先にズタズタの服が。なぜ?

  • Facebookからビデオ用無料Sound Collection登場――360ビデオのコミュニティーも

  • 復職するママ社員にとっても、迎える仲間にとっても新しいスタート。 オイシックスドット大地株式会社の「復職式」レポート

  • 《危険タックル問題》内田正人氏の全役職を解任し、学長は辞任を。日大教職員組合が要求書

  • 自分用ミニ地球ローバーを手に入れるチャンスだ