1. TOP
  2. 未分類
  3. Microsoft、新Surfaceを明日にも発表へ――iPad対抗のエントリーモデル投入か?

Microsoft、新Surfaceを明日にも発表へ――iPad対抗のエントリーモデル投入か?

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 6 Views

MicrosoftはSurfaceの新モデルの発表をまだ行っていないが、公式アカウントからのツイートはほぼそれに近い。Microsoftは「新しいSurfaceはどんなものになるのか?」という誰もが抱く最大の疑問をツイートした。添付写真にはSurfaceの現行ラインナップが写っっている。Surface Pro、ノートタイプのSurface LaptopとBook 2、それにスイベルに乗ったオールインワンタイプのSurface Studioだ。

愉快なヒントはそれぞれのモニターに写っている日時だ。すべて7月10日6:00を示している。ビッグニュースは明朝6時〔日本時間7/10 22:00〕に公開されるのだろう。それでは新Surfaceは具体的にどんなものになるのか? 写真には現行モデルの全シリーズが勢揃いしているところから考えて、まったく新しいモデルが登場する可能性は十分ある。

低価格機の噂は数ヶ月前から出ている。5月にはiPadに直接対抗するための低価格モデルが発表されるという情報も浮上 ( )していた〔surfaceと「浮上」のダジャレ〕。プロダクト・ポートフォリオの簡単からいえばこれは妥当な戦略だろう。他の噂としては、独自規格のSurfaceコネクタを廃止してUSB-Cに換えるとか筐体の角を丸めるなどの情報も出ている。

これまでSurfaceシリーズのターゲットは主としてクリエーティブなプロだった。 そのため価格はタブレットのカジュアルユーザーにとってはややハードルが高いものとなっていた。タブレット市場の需要が頭打ちぎみな上にAppleがiPadに低価格モデルを投入したことでMicrosoftには一層の圧力がかかっている。

2週間ほど前から新しい低価格モデルについてさらに情報が出ている。こちらは予想されるスペックで、ローンチ日付は今週の金曜と予想していた。こちらはFCCがSurfaceのエントリーモデルを認可したという記事だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Brian Heater

この人が書いた記事  記事一覧

  • 新しいMacBook Proのキーボードは静かな音になったか?本誌の実験結果を聴いてみよう

  • MacBook ProにもApple純正レザーケースができた

  • Apple、新しいMacBook Proで再び「クリエイティブのプロ」に焦点をあわせる

  • 新しいMacBook Proのキーボードは静かになった

関連記事

  • 「ハリルホジッチさんにも感謝の気持ちでいっぱい」日本代表の長友や槙野、ハリル氏への思い

  • ソーシャルギフトのgiftee運営が総額5.84億円を資金調達、ASEAN展開も視野に

  • 叶姉妹の“親子論“に絶賛の声相次ぐ 『あたしおかあさんだから』と比較するファンも…

  • トランスジェンダーの娘に、ふたりの校長先生が言った「衝撃的」な言葉

  • ケンドリック・ラマーにピュリツァー賞 ヒップホップ歌手として初の受賞

  • サブウェイ170店舗閉鎖から分かる「何をやらないか」でビジネスモデルは決まるという話。(中嶋よしふみ SCOL編集長・FP)