1. TOP
  2. 未分類
  3. 義足は空き缶。シリアの難民キャンプに暮らす少女に世界から同情集まる

義足は空き缶。シリアの難民キャンプに暮らす少女に世界から同情集まる

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 26 Views

キャンプ内を空き缶の義足で歩くマヤ・メルヒさん=6月20日、シリア・イドリプ

生まれつき両脚がなく、空き缶を即席の義足代わりにして難民キャンプで暮らしていたシリアの少女が、ソーシャルメディアなどで知られるようになり、トルコで新しい義足がつくられることになった。イギリスの新聞「インディペンデント」などが伝えた。

https://platform.twitter.com/widgets.js

インディペンデントによると、少女はマヤ・メルヒさん(8)。マヤさんはシリア西部のアレッポで家族と暮らしていたが、内戦によって住まいを追われ、隣接するイドリプの難民キャンプで暮らしていた。

マヤさんは先天的に両脚がない。かつて手術を受けたことがあったが、逆に歩けなくなり、難民キャンプのテントの中で座りきりの時間が多くなっていた。

「娘がはいつくばって友達と遊ぶ姿を見て胸が苦しくなった」。見かねた父のムハンマドさん(34)が「義足」を自作した。ツナ缶とゴムチューブなどを組み合わせて制作し、それを両脚にはめることで、マヤさんはキャンプ内を歩き回るようになった。

そんな状況を一部メディアが報道したところ、Twitterなどのソーシャルメディアによって写真とともにマヤさんの存在が拡散。人道組織「トルコ赤新月社」がトルコ当局に掛け合い、イスタンブールの医療機関で新しい義足がつくられることが決まった。

マヤさんはムハンマドさんとこのほど、シリアからトルコに出国。義足制作の準備を進めている。「マヤは歩けるようになる。神の思し召しがあれば3カ月以内に」と担当医は語った。

手術を受ける医療機関に到着したメルヒさんとムハンマドさん=6月29日、トルコ・イスタンブール

イギリスのタブロイド紙「デイリー・エクスプレス」によると、実はムハンマドさんも生まれつき両脚がなく、マヤさんと同時に義足をつくってもらう予定だ。「私たちにとっては新しい人生になる」とムハンマドさんは喜び、「娘が歩いて学校に登下校する姿を見るのが夢です」と語った。

キャンプ内を歩くマヤさんとムハンマドさん

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • 紅白歌合戦の視聴率、歴代ワースト3 40%に届かず

  • 身長100cmの私が送った妊婦生活は、奇跡的でした

  • 真木よう子、体調不良で映画降板 「苦しい時ほど応援するのがファン」の声も

  • ホワイトハウスの美人暫定広報部長が、ある有名人に激似と話題に

  • 大阪地震、今後の注意点と防災リンク集

  • レジオネラ菌、加湿器で集団感染か 使う際の注意点とは?