1. TOP
  2. 未分類
  3. Deliveroo、パリで最初のシェアードキッチンをオープン

Deliveroo、パリで最初のシェアードキッチンをオープン

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 10 Views

フードデリバリーのスタートアップ、Deliverooが、パリで最初のシェアードキッチンをスタートした。Deliverooは昨年ロンドンで、Deliveroo Editionsと呼ばれるこのシェアードキッチンのコンセプトを初めて実現した。

AFPの報道によると、同社はパリ北西部近郊のサン・トゥアンの倉庫に作った12室のキッチンで業務を開始する。これまでに8つのレストランがDeliverooと契約を結んでいる。

Blend、Petit Cambodge、Tripletta、 およびSantoshaといった一流レストランがDeliverooを利用する。レストランはレンタル料を払うか、無料でスタートして割高の料金を払うかのどちらかを選べる。

現在Deliverooのユーザーは、パリでの配達1件につき2.50ユーロ払っている。しかし同社は、総注文金額に応じて店舗側からも手数料をとっている——顧客はDelivrooが両方から取り分を得ていることに気づいていない。手数料は注文金額の25~30%に上る。今回の新しいシェアードキッチンでDeliverooがいくら請求しているのかはわからない。

しかし、無限に拡張できないレストランにとっては理にかなった方法だ。Deliverooを使えば、レストランはテーブルを追加することなく追加注文を受けることができる。

Gérard Julien / AFP / Getty Images

BlendやPetit Cambodgeはパリに複数の店舗を持っているが、市内全域に配達できるわけではない。しかし、新たに開店するためには膨大な投資が必要だ。

だからDeliverooキッチンがほどよい妥協案になる。何人か人を雇ってその地域に十分な需要があるかどうかを試すことができる。しかもこれは、DeliverooをUberEatsほかのライバルと差別化するよい方法だ。

これはフランスで最初の事業所だ。英国のように制御不能な状態になるのだろうか?The Guardianによると、今のDeliveroo Editionsは駐車場に置かれた窓のない小さなコンテナだ。夏は暑く冬は寒く、この金属ボックスから大量の自転車が注文を届けに出かていく。

Deliverooが最初にスタートしたのは、一般のレストラン——配達要員のいるピザ店だけでなく——がオンライン注文を受け付けるのを手伝うためだった。しかし、駐車場のコンテナというのは魅力のない響きだ。

Gérard Julien / AFP / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Romain Dillet

この人が書いた記事  記事一覧

  • Adobe、iPad版Photoshopを開発か

  • W杯中継でYouTube TVが40分ダウン――クロアチア・イングランド戦アディショナルタイムに復活

  • Deliveroo、パリで最初のシェアードキッチンをオープン

  • ブラウザーのOperaが上場申請

関連記事

  • ぐるぐる歩き回る男性コンパニオンが気になる…異彩を放ったレクサスの「おもてなし」

  • 5月病を癒すこどもパワーの不思議

  • 出産すると腕が4本になるシュールな世界。主婦マンガ家が描いたのは、こんな理由だった

  • これは感動…ポスターを逆さにしただけで「挑戦」の文字が「勝利」に変わるワケ

  • Googleの先進的ARプラットホームTangoが閉鎖、汎用のARCoreを主力に

  • LINEが新サービスーー1分100円で恋愛やダイエットをチャットで相談できる「トークCARE」