1. TOP
  2. 未分類
  3. 番組で中国に言及したジョン・オリバー、中国インターネットから抹消される

番組で中国に言及したジョン・オリバー、中国インターネットから抹消される

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 12 Views

HBOのニュース風刺番組、Last Week Tonightが中国の過激な施策を呼んだ。6月17日の放映後、中国政府はジョン・オリバーのあらゆる痕跡をインターネットから抹消しようとしている。

番組には習近平主席と中国政府を扱う20分間の部分があった。具体的に、オリバーは習氏の任期撤廃に言及し、毛沢東との比較までした。

さらにオリバーは、政敵に対する拷問やWeChatデータを使って良い市民であるかどうかを決める悪名高き実験や天安門事件、ノーベル平和賞受賞者劉暁波氏の最近の死亡、そしてもちろん、オンライン検閲の話題も取り上げた。

皮肉なことに、この放映の結果オリバーのショウ自体が中国で検閲され視聴不可になっている。このことは、中国の人権と報道の自由への道ははるかに遠い、というオリバーの指摘を証明している。

またオリバーは、習氏がくまのプーさんと似ていると言われたがらないことにも忘れずに触れた。昨年中国当局は、くまのプーさんに対するあらゆる言及を禁止した

New York Timesによると、放映後ソーシャルネットワーク、Weiboで多くの投稿がジョン・オリバーに言及した——ホストに注目した。しかし今、「ジョン・オリバー」と書かれた記事を投稿しようとするとエラーメッセージが出る。

GreatFire.orgも、HBOのウェブサイトが土曜日か日曜日以降ブロックされていることを報じている。VPNやプロキシーを使った手段を持っていない限り、中国インターネットでオリバーを見つけることはできない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Romain Dillet

この人が書いた記事  記事一覧

  • W杯中継でYouTube TVが40分ダウン――クロアチア・イングランド戦アディショナルタイムに復活

  • Deliveroo、パリで最初のシェアードキッチンをオープン

  • ブラウザーのOperaが上場申請

  • OpenPhoneは仕事用の電話番号を持てるモバイルアプリ

関連記事

  • 【台風22号】新たな台風が発生、26日には日本の南へ進む見込み

  • 至近距離に突如毒ヘビが出現!?ドライバーが運転中の恐怖体験を告白

  • ベン・アフレック、米人気トーク番組でセクハラ疑惑について言及

  • 【台風22号】雨雲レーダーを見てみると…

  • イデコって何? 女30歳、個人型確定拠出年金に入った方がいい気がしてきた。

  • アメリカのインターネットサービスプロバイダーは顧客満足度が最低の業種