1. TOP
  2. 働き方
  3. 「サイドハッスル」から「ライフワーク」へ-進化するギグエコノミー【世界の副業・複業、パラレルキャリア】第33回

「サイドハッスル」から「ライフワーク」へ-進化するギグエコノミー【世界の副業・複業、パラレルキャリア】第33回

働き方
この記事は約 5 分で読めます。 17 Views

これまで世界各地のギグエコノミーの事情を覗いてきました。今回はカナダに拠点を置くeコマース企業Shopifyの最高執行責任者ハーレイ・フィンケルシュタインさんの見る、ギグエコノミーの展望をご紹介しましょう。フィンケルシュタインさんは、フォーブス誌にギグエコノミーの進化という記事を載せています。

ギグエコノミーの可能性

2000年代後半から2010年代初頭の世界的な経済恐慌の後に起こったギグワークは、最初安定した職を取り戻すまでの当面の「つなぎ」だと多くの人に思われてきました。しかしその10年後には、そうではないことが明らかになりました。当初の予想とは裏腹に、ギグエコノミーの台頭が労働界の伝統をゆるがす兆候を見せ始めてきたのです。米国では今日すでに労働力の3分の1がフリーランサーや契約労働者となり、今後10年以内には大多数の労働者がフリーランサーになるだろうと予想されています。

これが良いことなのか、悪いことなのか、米国では絶えず取りざたされています。仕事の喪失や安定収入への懸念が、あちこちで議論されています。「 ギグワーカー」という言葉を聞けば〝低賃金で過度に仕事をしているミレニアルズ世代″というイメージが、米国人の頭にしばしば浮かんできます。

そして多くの場合、このイメージはたしかに現実と言えます。ただ一つ間違っているのは、ギグエコノミーが自然消滅するだろうという批判的な見方です。実際にはそれとは逆のことが起こっているのです。ギグエコノミーはビジネスの本質を変える可能性のある〝新しい仕事のパラダイムへの過渡的なステップ″かもしれないのです。

青年期のギグ経済

現在のデジタル化された請負仕事中心の生活は、ほとんどの場合持続可能な選択肢ではありません。フリーランサーのためのオンラインマーケットプレースFiverrから受注するギグタスクだけでは、真の経済的自立を確立するには程遠いでしょう。Uberで運転手として働くのも同じことです。

それでもフリーランスハブUpworkの調査によれば、5,700万人のアメリカ人が何らかの形でフリーランスの仕事に携わっており、それはミレニアルズ世代の47%を占めています。彼らの活動は、米国経済に約1.4兆ドルの貢献をしています。良し悪しにかかわらず、ギグワークはすでに米国労働の主流となっているのです。

しかし、とフィンケルシュタインさんは強調します。ギグエコノミーの本当の価値は間欠的な収入の流れではありません。ギグワークは多くの労働者に起業という教義を浸透させ「自らが自らのボスになれる」という考えをもたらしました。これはアメリカ人に強くアピールする考え方と言えます。

ギグワークでは、あらゆる背景をもつ人々が、生計を自分の手に委ねることによって、快適でない企業労働を無理して行う必要から「解放」されています。今日のギグワーカーたちは、予備収入を稼ぐために複数のハッスルワークをしているかもしれませんが、その根底にある願望は本当に素晴らしいものなのです。自分が自分の運命の支配者であり、自ら掲げた目標の達成を追いつづけることができる、というのがフィンケルシュタインさんの主張です。

ギグワークからライフワークへ

フィンケルシュタインさんの見方を採用すれば、副業として始まったギグ作業が、今や労働者の本業になりつつあるということになります。今日の若い起業家たちは「愛していることをやる」という格言の中に育っています。彼らはそれ以下のものには妥協しないでしょう。

フィンケルシュタインさんの祖父が、ライフワークだったコミュニティ活動を追求するためには、引退を待たねばなりませんでした。ギグエコノミーにはそれを「今すぐ行う機会がある」のです。

競争ではなくコラボレーション

ギグエコノミーとシェアリングエコノミーでは、スキルの共有が盛んに行われています。彼らはお互いが潜在能力を発揮できるように、知識とアドバイスを交換します。新しいパラダイムとはこれまでの競争社会とは違った、共有を通じて持続可能な生態系を作り出すことです。

現在大成功をおさめているInstagramやHouzzも、若者の気軽な実験から派生した企業のほんの2事例に過ぎません。

フィンケルシュタインさんは続けます。ギグは我々の仕事のやり方を変える可能性を秘めています。ライフワークとは、個人的に意味のあるもの、本当に好きなもの、そして普通の日常で喜びを見出すことに費やす時間です。 ギグエコノミーはまさに新しい仕事の世界への扉となりうるのです。

まとめ

米国ほどギグエコノミーが浸透していない日本の社会では、今後10年間で労働力の大半がフリーランサーになる社会というのは、想像しにくいものです。ギグワークの良しあしについても、日本で議論されることはそれほどありません。しかし「低賃金で労働時間が長いのがギグワーク」というイメージは、日本でも共通でしょう。

自ら就業時間や作業場所を決められる働き方とは言え、そこに起業への情熱を見出す人は、日本ではまだまだ少ないと思われます。それでも日本のギグエコノミ―の進化は、いつかはやってくるのでしょうか。

記事制作/シャヴィット・コハヴ (Shavit Kokhav)

Source: ノマドジャーナル

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2大ヒーローのイカした競演。甑島列島のイカ干し機を見ていると、胸が熱くなる(動画)

  • App StoreがGoogle Playより2倍以上の収益。しかしダウンロード数は半分以下という分析結果が発表

  • 序盤・中盤・終盤、隙のない豊島八段が羽生竜王を破り「棋聖」に。平成生まれ3人目のタイトルホルダー

  • 妊娠後期〜育児にFire TV Stickが大活躍した話:ワーママのガジェット育児日記

関連記事

  • フリーランスの方と結婚しても大丈夫?不安原因と結婚後のお金は?

  • 「100年人生の攻め続ける働き方と生き抜く力」ハッシャダイ久世代表~第26回CIRCULATION LOUNGE

  • 副業から独立へ――。サーキュレーションがキャリアステップの足がかりにーー川越貴博さん

  • 【フリーランスの恋愛・結婚事情】第4回:パートナーがフリーランスになりたい!と宣言。応援する?それとも、全力で止める?

  • 人間がすべきこと~人工知能が得意なこと、苦手なことは?~

  • 7通りの新しい働き方が日本に根付くためには〜【どこが違う?日本と欧州の働き方】第13回