1. TOP
  2. 未分類
  3. 大阪地震、19日に入り震度3以上の余震が複数回発生

大阪地震、19日に入り震度3以上の余震が複数回発生

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 19 Views

18日(月)7時58分に発生したM6.1の地震の余震が引き続き発生しています。

19日(火)0時31分頃にはM4.0のこれまでの最大余震が発生し、枚方市や京都市で震度4を観測しました。

さらに、19日(火)4時53分と7時52分にも最大震度3の余震が発生しました。

余震回数は徐々に減少はしているものの、引き続きM5前後、震度5弱を超えるような地震の恐れがあります。

二次被害の恐れもありますので、このあとも十分な注意が必要です。

〔リンク〕最新の地震情報を確認

このあとの注意事項

揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険が高まってるおそれがあります。

やむを得ない事情がない限り、危険な場所には立ち入らず、身の安全を図るようにしてください。

このあとの余震などで、塀や壁の一部が倒壊するおそれもあります。

また、寝ている時間帯にも余震が発生することがあります。就寝場所の安全確保や避難経路の確認も行ってください。

2018/06/19 13:17

関連記事

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【動画】海洋ゴミから作られたクジラは訴える。人類にプラスチックの使い方を再考して欲しいと

  • 女子生徒36人が溺死した水難事件。橋北中学校の生還者が見た「モンペ姿の女」は幻だったのか?

  • 「世界一醜い犬コンテスト」で優勝したブルドッグが亡くなり、飼い主がコメント「美しい顔を見た瞬間、永遠の家族になると直感」

  • えっ、もう見れるの? Amazonプライム・ビデオで配信中の2018年大ヒット映画を一挙紹介。『シェイプ・オブ・ウォーター』から『ブラックパンサー』まで

関連記事

  • レシートが1枚10円にかわるアプリ「ONE」 17歳の起業家が目指すものとは…?

  • 「大臣。われわれがあと何人死んだら、日本政府は帰国させるのでしょうか」〜25年前、「市街戦そのものの戦場」に派遣された日本のPKO隊員の死。

  • 3Dアバター向け汎用規格「VRM」発表。「人格の許諾情報」や一人称視点に対応

  • パキスタン:初めての図工で描いた絵は?

  • ネコ用人工血液の開発に成功、国際宇宙ステーション「きぼう」での実験が貢献

  • マリリン・マンソン、舞台セットが突然倒れ下敷きに…