1. TOP
  2. 未分類
  3. Macの新しい広告キャンペーンでは最高にクリエイティブなアーチストもドングルを使用

Macの新しい広告キャンペーンでは最高にクリエイティブなアーチストもドングルを使用

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 10 Views

Appleが、“behind the Mac”と名付けた、Macの新しい広告キャンペーンを開始した。このキャンペーンでは、仕事やクリエイティブなプロジェクトや障害などアクセシビリティの理由でMacを使っている人たちのストーリーをシェアしている。

Macは多芸なプラットホームだ。メールのチェックやWebの閲覧など、退屈な仕事のために使っている人もいるし、また数えきれないほどいろんなことに使ってる人もいる。Appleは、Macでは、WordやExcelを使うこと以外にこれも、これもできるよ、と訴求したいようだ。

Appleが今日(米国時間6/15)シェアしたビデオは4つだ。最初のは(下)、ほかの3つのまとめだ。ひとつひとつのビデオは、Macを毎日使っている誰かのポートレートだ。AppleのWebサイトを見ると、ポートレートは全部で12あることが分かる。

まず、Peter Kariuki(下)は、ルワンダの道路の安全性を改善するiPhoneアプリを作ったデベロッパーだ。

Bruce Hall(下)は、目の不自由なフォトグラファーで、写真を使って外界の細部を見ている。

そしてGrimes(下)は、今もっともおもしろい音楽アーチストのひとりだ。

三人ともラップトップを使っているが、たしかにMacBookはAppleのもっとも人気のあるコンピューターになった。Appleは、iMacやiMac Pro, Mac Mini, Mac Proを見捨てていないが、今では買う人がそんなに多くない。

また、これらのMacは最近の1年間アップデートされていない。Mac系の新機種も出ていない。だからそんなタイミングで広告キャンペーンを打つのは、ちょっと気になる。あと数か月は、Macのアップデートはないのだろう。

それに、最近のMacBookやMacBook Proを使っている人は、アクセサリーをUSB-CやThunderbolt 3のポートに挿入するために、あほらしいドングルを使っているかもしれない。でもGrimesでさえドングルを使わざるをえないのだから、しょうがないね。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Romain Dillet

この人が書いた記事  記事一覧

  • W杯中継でYouTube TVが40分ダウン――クロアチア・イングランド戦アディショナルタイムに復活

  • Deliveroo、パリで最初のシェアードキッチンをオープン

  • ブラウザーのOperaが上場申請

  • OpenPhoneは仕事用の電話番号を持てるモバイルアプリ

関連記事

  • Google CloudがプリエンプティブなGPUをローンチ、料金は50%安

  • Facebook株、パブリッシャーの優先度を下げるアルゴリズム変更で5%安

  • 少子化対策は「プーチンに学べ」–名越健郎

  • 立憲民主党の参院会派、野党第2党に。国民民主党に1人差まで迫る

  • 「ありがとう、イチロー」MLB公式ツイッターが感謝の動画。愛があふれる1分間

  • 電話予約や紙のカルテが不要に――美容師のカルテ管理アプリ「LiME」が7000万円調達