1. TOP
  2. 未分類
  3. ワールドカップ応援、ロシアのおばあさんたち、かわいいダンスと歌にみんな夢中

ワールドカップ応援、ロシアのおばあさんたち、かわいいダンスと歌にみんな夢中

未分類
この記事は約 5 分で読めます。 23 Views

ユーロビジョンに出演する「ブラノボおばあさん」=2012年5月、アゼルバイジャン・バクー

サッカー・ワールドカップ・ロシア大会を盛り上げるため、様々なアーティストがオリジナルソングを作るなどしているが、ロシアの片田舎に暮らすおばあさんたちの曲が注目を集めている。

6年前、ヨーロッパの歌の祭典で準優勝し、世界を驚かせた「ブラノボ(村)のおばあさん」たちだ。YouTubeで公開されているミュージックビデオでは、民族衣装を着た彼女たちが、サッカーをプレーする姿も披露。再生回数は35万回を超えている。

おばあさんたちは朝早く起床し、ちょっとした体操をした後、畑仕事や家畜の世話をこなす。畑仕事をしながら歌を口ずさむのが日課という。そんな素朴な生活を通じて、名曲が生み出されている。

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • シリア:食糧配付は住民の命綱

  • 今年中に黒字化の見通しにTwitte株価急上昇――Q3決算好調

  • アメリカの超有名なモニュメント(記念的建造物)やダムもドローン飛行禁止区域に

  • 市川海老蔵、長男・勸玄くんをぎゅっと抱きしめる写真公開

  • 【地震情報】福島で震度5弱 東北・関東の広い範囲で揺れ観測

  • 『ウォーキング・デッド』シーズン8初回の冒頭を製作総指揮が明かす※ネタバレ注意