1. TOP
  2. 未分類
  3. ニュースソースの信頼度をランク付けするNuzzelRank、本誌TechCrunchは総合4位だった!

ニュースソースの信頼度をランク付けするNuzzelRank、本誌TechCrunchは総合4位だった!

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 36 Views

Elon MuskAdBlock Plusも、誰もかれもが、信頼できるニュースソースはこれだあれだと主張する。今回、ニュースアグリゲーターのNuzzelももその仲間に加わった。

このほど同社がローンチしたNuzzelRankは、CEOのJonathan Abramsによると、“人気も評価も高い何千ものニュースソースを優秀なビジネスインフルエンサーたちからのシグナルに基づいて、権威あるランク付けを行ったもの”、だ。彼によるとそれは、これまで同社のニュースモニタリングとリサーチサービスNuzzel Media Intelligenceで使っていたランキングシステムをリプレースする。

NuzzelRankは、同社のMedia Intelligenceリポートの外で見ることもある。たとえばNuzzelのトップソースには新たにランキングのページがある。またAbramsによると、パブリッシャーは自分のWebサイトにNuzzelRankのスコアのバッジを貼り付けることができる。このバッジ機能は、API化するつもりだ。

ではでは、Nuzzelはどのようにしてランク付けをしているのだろうか? トップソースのランキングで本誌TechCrunchが、全体の中で信頼度4位であることを知ったら、ますますそれを知りたいだろう。1〜3位はThe New York Times, The Washington Post, The Atlantic(1857年創刊!)と老舗有名紙誌が並ぶが、The New YorkerやWiredは本誌より下だ…こいつらはどちらも、きれいごとの記事が多く、ちょいとアホっぽいもんね。

Abramsによると、Nuzzelのランク採点法は主に三つあり、まず、読者が読んだか読まなかったかというNuzzel自身のデータ。第二に、“ニュースソースのエンゲージメントと権威に関する外部のシグナル”を見る。

第三は、いろんな独自のやり方でニュースソースを採点している大量の外部団体を参考にし、それらを信頼性でソートする。そのためNuzzelは、Trust ProjectとCredibility Coalitionに参加しているし、またNewsGuardやDeepnews.aiとパートナーしている。

NuzzelRankの発表声明の中でAbramsは、同社は人間編集者に依存していないし、彼らの判断をそのまま使うことはない、と強調している。“Nuzzelはつねに、スケーラブルなソリューションの構築にフォーカスしており、そのためにソフトウェアを使って既存の貴重なシグナルを集積し、有用で役に立つ結果を提供している。人間的なアプローチはスケーラビリティがなく、偏りがちだ”、というのだ。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Anthony Ha

この人が書いた記事  記事一覧

  • メイジー・ウィリアムズのDaisyはクリエーター向けSNS――ゲーム・オブ・スローンの人気女優インタビュー

  • ジョージ・タケイがプロデュースした「Trumpy Cat」ARアプリが登場

  • 米司法省、AT&TとTime Warnerの合併阻止をあきらめず上訴

  • Google Payのアップデートでピアツーピアの決済やチケット購入/保存ができるようになった

関連記事

  • はしか「減った」報道でも、日本人が全然油断できない理由。

  • インターネットはかつての教会のような役目を果たしているかも。『ハッピーエンド』ミヒャエル・ハネケ監督インタビュー

  • AmazonはFireタブレットのEcho Show化を進めている

  • 小池新党、保守色が濃厚に。「日本のこころ」中山恭子代表、自民党の福田峰之氏も参加へ

  • 板野友美、14歳の写真を公開「小さい頃からずっと可愛さは変わらない」と反響

  • 演歌歌手のジェロ、音楽活動休止「コンピューターの仕事に就く」