1. TOP
  2. 未分類
  3. イーロン・マスク「Autopilotハンドル警告無視」するテスラ車オーナーに悩む。事故で警告増やせば苦情も増加

イーロン・マスク「Autopilotハンドル警告無視」するテスラ車オーナーに悩む。事故で警告増やせば苦情も増加

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 22 Views

eng-logo-2015カリフォルニア州マウンテンビューで発生したテスラModel XのAutoplot使用中の死亡事故では、テスラはドライバーが事故発生の原因だったと独自に結論づけて、米国家運輸安全委員会(NTSB)への調査協力を打ち切っています。

そして、Autopilotの最新バージョンでは、ドライバーがハンドルを握っていないときに発する警告のインターバルを従来の1~2分から30秒に縮めるとともに、ただハンドルを持つだけでなく、上もしくは下方向に荷重を加えなければ警告を解除できない旨をスクリーン表示するよう変更しました。

多くのテスラオーナーは、2016年の死亡事故を受けて導入されたAutopilot使用中のハンドル把持警告が非常に厳しいと感じていたはずです。しかしこの事故を起こしたドライバーは、トレーラーに突っ込むまでに数分間もハンドルを握っていませんでした。

マウンテンビューの事故でテスラが協力を打ち切ってからも調査を継続しているNTSBは、事故発生の6秒前にハンドル警告が出ていたことを確認しています。それ以前にAutopilotが勝手に中央分離帯の緩衝バリアに向かって車線逸脱をしていたとはいえ、あまりに頻繁なハンドル警告は、逆にドライバーが無視するようになる傾向があるのかもしれません。

実際のところ、このハンドル警告はハンドルを握るだけでは解除できず、センサーがステアリングトルクを感知する必要があります。そのためにはハンドルを回すか、冒頭に記したとおり上もしくは下方向に力を加える必要があるわけです。これは取扱説明書に書かれていることですが、自動車の取説を隅々まで読む人はむしろ珍しい方でしょう。

ハンドル警告の頻繁さにAutpilotの安全性が後退していると指摘するユーザーに対して、イーロン・マスクは「肝心なことを言えば、煩わしすぎるシステムを人々は使わなくなり、安全性を損なう結果になる。しかし、皆が満足するよう緩くしすぎても、やはり安全性は損なわれることになる」と回答しています。

イーロン・マスクの言葉からは、結局のところAutopilotに慣れ切ってしまい、その機能と安全性を過信してしまうドライバーが出てくることへの対処がいかに難しいかがわかります。

Autopilotには前方で発生した事故に素早く対処できる性能が備わっており、たしかにドライバーに安全をもたらしています。一方で、ハイウェイを走行中にあろうことか運転席を離れる輩が出てくるのもAutopilotの高度なクルーズコントロール機能のため。このドライバーがハンドル警告を無視していたであろうことは想像に難くありません。

現在普及しているテスラModel SやModel Xは、いずれも日本で買えば1000万円をくだらない高級車です。そのような車を購入できる人は、ある程度のリテラシーや社会的地位を有していると思われがちです。

ところがそれでも運転席を離れたり警告を無視してハンドルを握らないドライバーがいるのなら、400万円前後で買えるModel 3が世界中の道路を走るようになったときに、Autopilotを使った事故が大きく増えてしまわないかという心配も、そろそろしなければいけない時期なのかもしれません。

Engadget 日本版からの転載。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Engadget Japanese

この人が書いた記事  記事一覧

  • アップルカーが2023年から2025年に、革新的ARメガネが2020年に登場?著名アナリストが予測

  • Instagramにハッキング被害。数百人規模のアカウント乗っ取り、2要素認証も突破との報告も

  • アップル京都店は8月25日朝10時オープン。京都生まれゲーム特集も

  • SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

関連記事

  • 中華航空、日本人が騒ぎフライト引き返す トイレで喫煙も

  • 余った食品をご近所とシェアできるアプリ「Olio」、シリーズAで600万英ポンド調達

  • 著名人の知られざる「台湾ルーツ」を発掘 『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館) 著者・野嶋剛さんインタビュー–野嶋剛

  • 猫に愛を注いできたIKEA、ペットのための家具をつくったよ

  • 身長100cmの私が、妊娠・出産するまでを紹介します。

  • ロシア・ワールドカップの開会式にイギリスの歌手ロビー・ウィリアムズさん出演。でもなぜか批判続出