1. TOP
  2. 未分類
  3. なんで外国人のわたしに道を聞くの?日常に転がる差別的思考

なんで外国人のわたしに道を聞くの?日常に転がる差別的思考

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 15 Views

ドイツに住んで、もう5年。とはいっても、見た目は生まれたときから変らずザ・アジア人。日本人のなかでも「ハーフ顔」「エキゾチック」と言われる顔つきの人はいますが、わたしはそんな言葉とは無縁の、ふつうのジャパニーズ顔です。

だからドイツで道を聞かれると「なんでわたしに聞くの?」なんて思うわけですが、それはよく考えたら差別的思考なのかもしれません。

アジア人なのにドイツで道を聞かれる「ふしぎ」

とある駅で電車を待っているときのこと。

「Fährt diese Bahn nach Frankfurt?」と聞かれました。「この電車はフランクフルトへ行く?」という意味です。

そのときはふつうに「Ja(はい)」と答えたのですが、そのあとふと、「なんでわたしに聞いたんだろう?」と思いました。

道を聞かれたり、時間を聞かれたり、ドイツではいろんな人に気軽に声をかけられます。

でも、ちょっと考えてみてください。

あなたは日本で、欧米人やラテン系の人、中央アジア系の人に、日本語でなにかをたずねたことはありますか?

たぶん、ほとんどの人がないと思います。なにか聞くのであれば、見た目が日本人の人を選びますよね。

あえて金髪で鼻が高い白人に「この電車は東京駅に行きますか?」なんて聞きます?

だからわたしも、「ザ・アジア人のわたしになんでわざわざ聞くんだろう……」と内心首をかしげました。まわりには、ドイツ語を話している白人がたくさんいますから。

でも考えてみれば、これは差別的な思考なのかもしれません。

差別はよくないこと。でもわたしは「アジア人」

「差別」という言葉は、悪いイメージを伴って使われます。差別的な発言、差別的な思想。そういうものは多くの国で「悪」とされています。

そして多くの良心的な人は、「自分は差別主義者ではない」と思っているでしょう。「人種や国籍だけで人を判断するのはよくないことであり、自分はそんな人間ではない」と。

わたしだって同じです。こっちの肌の色のほうが偉いとか、この国出身の人は見下していいとか、そんなことを考えたことはありません。

でも、「アジア人であるわたしになぜ道を聞くの?」という疑問は、ある意味差別的なんじゃないか?と気づきました。

というのも、それは「アジア人の見た目をしている人間はドイツにおいて外国人である」と決めつけているからです。

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ルイ・ヴィトン」のショーは、男泣きで幕を下ろした。 長い長い、虹色のランウェイに込められた意味とは。

  • 厄介で大嫌い…のはずだった入学式。なんだかおかしなことが起きた

  • クリス・プラット、MTVアワードの受賞スピーチで下品なネタを投下

  • 東京芸大がミスコンを中止 「企画してしまったことを浅はかであったと痛感」

関連記事

  • Salesforceは今期も絶好調、新目標は年間売上200億ドル――トップ人事も発表

  • Facebookからビデオ用無料Sound Collection登場――360ビデオのコミュニティーも

  • 【4コマ】50代のペアルック

  • センター試験、DJKOOが娘にエール「オレの娘だから大丈夫!!」 芸能人・企業から受験生に応援ツイート

  • 自宅の家電をスマート化する「Nature Remo」、開発元が1億円を調達、今後はエアコンの電力使用最適化も

  • 藤田ニコル、“ポーチに入ってる率が高いコスメ”一挙公開にファン歓喜「参考になる!」