1. TOP
  2. 未分類
  3. ロンドンの寿司店が衝撃的。「エヴァンゲリオンの予告みたい」

ロンドンの寿司店が衝撃的。「エヴァンゲリオンの予告みたい」

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 7 Views

イギリス・ロンドンにある寿司店の衝撃的な内装が、ネット上で話題になっている。

6月9日、ゲームクリエイターの伴哲(ばん・さとし)さんが「ロンドンの寿司屋の壁が病んでいる」と写真をTwitterに投稿。4日間で3万回以上もリツイートされている。

伴哲さんの投稿より

「苦味」「しょっぱさ」「旨み」などの日本語が無数に散りばめられた奇抜なデザイン。欧米圏ではクールに見えるのかもしれないが、日本語が分かる人にしてみると大迫力だ。やたら苦みが目立つのも気になる。

ネット上では「味があるデザイン」「エヴァンゲリオンの予告のようだ」といった意見のほか、「日本の壁にやたら英単語書いてあるコーヒーショップに入った外国人ってこんな気分なのかな…」という意見もあった。

■気になる味は…?

伴さんは出張でロンドンを訪れた際に、ヒースロー空港の税関を抜けた先でこの寿司店に入ったという。

情報を元に調べると、イギリスに本拠地を置く回転寿司チェーン店「YO! Sushi(ヨー!スーシ)」の店舗と思われる。この店の公式サイトにも同様の壁面が掲載されている。

伴さんはハフポストの取材に以下のように答えた。

— 壁紙を見たときにどう感じましたか?

私が日本語が読めるから違和感があるのであって、同じく日本で英単語をならべたようなアートは、英語圏の方から見ると同じように違和感のあるものもたくさんあるのだろうな、、、と。

— 他のお客さんは壁紙に何か反応していましたか?

特に何も反応していませんでした。日本語に理解がなければ、「すごく日本らしい」感じに思われているのかも。

— お寿司は美味しかったですか?

味に関しては個人の感想なので、回答控えさせてください。

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ルイ・ヴィトン」のショーは、男泣きで幕を下ろした。 長い長い、虹色のランウェイに込められた意味とは。

  • 厄介で大嫌い…のはずだった入学式。なんだかおかしなことが起きた

  • クリス・プラット、MTVアワードの受賞スピーチで下品なネタを投下

  • 東京芸大がミスコンを中止 「企画してしまったことを浅はかであったと痛感」

関連記事

  • 「白」の使い方を変えるだけで、簡単に第一印象がアップ。でも意外な落とし穴が…

  • 家族の誰よりも多忙なのは中学生!? 子どもが中学校にあがると生活はどう変わる?

  • AWSがre:Invent後のサプライズ、シングルサインオンの市場に参入

  • 幸せじゃないとき、じつは最初にすべきこと。

  • 「逃げよう。自分を縛り付けるものから」が新しい地図。私たちにとっても。

  • サーカスへの動物出演禁止 アイルランドでも