1. TOP
  2. 未分類
  3. 真っ暗闇でカラー撮影ができる暗視カメラ開発のナノルクスが約2億1600万円を資金調達

真っ暗闇でカラー撮影ができる暗視カメラ開発のナノルクスが約2億1600万円を資金調達

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 30 Views

全く光が入らない暗闇でもカラー撮影ができる「赤外線カラー暗視技術」を持つナノルクスは6月13日、総額2億1592万円を資金調達したことを発表した。第三者割当増資の引受先は、Samsung Venture Investment日本ベンチャーキャピタルフリーバンクきらぼし銀行が組成したTokIめき応援1号ファンド、筑波銀行グループの筑波総研の各社およびファンド。

今回の調達は2017年5月に実施した、ASUSおよび筑波銀行グループからの約1.3億円の調達に続くもので、ナノルクスにとってシリーズAラウンドにあたる。

ナノルクスの暗視技術は産業技術総合研究所(産総研)が発明したもの。この特許を技術移転によって製品に活用することを目指して、2010年1月につくば市で設立されたのがナノルクスだ。

カラー暗視技術は、これまでのカメラの構造はほとんど変える必要がない。赤外線を被写体に当てて反射光をカメラで捉え、カラー画像に再現するというものだ。これまでの赤外線暗視カメラでは、モノクロ画像しか作成できなかったが、赤外光の反射強度に色の要素(RGB)との相関関係があることを利用して、赤外線情報から色を再現することを可能にしている。

カラー暗視技術原理の説明(ナノルクス サイトより)

2017年2月にカラー暗視技術が搭載されたカメラの第1号機を完成させたナノルクス。調達資金はカラー暗視カメラの量産開始のために投資するとのことだ。防犯カメラや車載カメラ、医療カメラなど、光がないところでもカラー撮影が可能なカメラを提供すべく、今年後半の量産体制確立を目指す。

ナノルクスの代表取締役の祖父江基史氏は、今回出資に参加したサムスンについて「当社がグローバルにビジネス展開を行う上で最良のパートナー」と述べ、「サムスンがナノルクスに加わることで、資金面だけでなく豊富なビジネス経験を得られることをとても喜んでいる」とコメントしている。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Wakako Mukohata

この人が書いた記事  記事一覧

  • チャットで旅行の相談・予約ができる「ズボラ旅」が当日予約、宿探しのみのメニューを追加

  • シェフと企業をマッチング、Green Dining運営がシードラウンドで2000万円を調達

  • プロサッカー選手の本田圭佑氏が荷物預かりサービス「ecbo cloak」に出資

  • オンライン商談ツールのベルフェイスが5億円調達、セールスビッグデータの活用目指す

関連記事

  • 羽生結弦、気迫のフリーで金メダル引き寄せた 「ケガとも戦った4分半」 【フィギュア男子】

  • グアテマラのフエゴ山が噴火。押し寄せる噴煙、必死に逃げる住民たち(動画)

  • 田中聖が音楽活動を再開「マイナスからのスタート」 年越しカウントダウンイベントで復帰

  • 「校舎を80周走れ」30度超えの真夏日に顧問が指示。熱中症で生徒が搬送

  • 葛西紀明、平昌で思わぬハプニング -14℃の中40分「日本チームだけ取り残される」

  • 藤沢五月が「そっくり」と韓国騒然。人気女優パク・ボヨンってどんな人?