1. TOP
  2. 未分類
  3. 米朝首脳会談で両首脳ががっちり握手、元外交官・原田武夫氏「日本は厳しい局面」

米朝首脳会談で両首脳ががっちり握手、元外交官・原田武夫氏「日本は厳しい局面」

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 12 Views

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長による史上初の米朝首脳会談がシンガポールで始まった。対面した両首脳は固く握手を交わし、トランプ大統領は「素晴らしい話し合い、ものすごい成功になるだろう。我々は強固な関係をできると疑いなく思っている」と発言。金委員長も「ここまでの道のりは簡単ではなかった。我々の足を引っ張る過去もあり、そのような歴史が時には我々の目や耳をふさいでいたが、我々はすべてを克服してここまで来た」と述べた。

午前10時過ぎからは通訳を交えた両首脳による会談、11時前からはそれぞれの政府高官を踏まえた拡大首脳会議が行われた。会談の最大のテーマは北朝鮮の非核化で、米朝で考えが異なる中で具体的な方法で合意できるかが焦点となっている。

当初緊張した面持ちながら、和やかなムードで始まったようにも見られる会談。元外交官で6カ国協議の実務経験もある原田武夫氏は「きっちり時間通り進めて、流れもこなれた印象。事務方がきっちり話をして、かみ合った会話ができている印象を受ける。金正恩委員長も尊敬しているような眼差しなので、意外に今後人間関係が発展するのでは」との見方を示す。

では、会談では何が話し合われたのか。「非核化」「体制保証」「朝鮮戦争終結」が焦点となっているが、原田氏は「体制保証」に注目する。

「『非核化』『挑戦戦争終結』は数十年間に渡って外交官たちが行ってきている。話し合いが進まないということではなく、もっと本質的な『体制保証』の話のために、恐らく外交ルートではない形で交渉を始めていたのではないか」

原田氏はその背景にポンペオ国務長官の存在をあげ、「前CIA長官として最初に北朝鮮を訪問したのは、CIAが出なければ話が進まないことがあったはず。その時に考えられるのは、金正恩委員長が体制を維持するためにやってきた非合法活動。ミサイルを作ってアフリカ諸国やシリアに売るとか、化学兵器を売っているんじゃないかという疑惑もある。そういった問題の担当は外務省ではなくCIAで、アメリカとして『金ファミリーの経済的な支えをどうするのか』、この部分が肝なのではないか」とした。

では、トランプ大統領に「拉致問題」を進言した日本には、今後どのような影響が想定されるのか。原田氏は「厳しい局面」だとし、「トランプ大統領と金正恩委員長が破談になれば、北朝鮮は今度日本のカードを切ってくる。今回、お互いにがっちり握手をしていて、何かお金がかかるようなことがあれば、『拉致問題を解決しろ』と言っている日本に『その分経済支援をしろ』とかなりの負担を強いられる可能性がある」と懸念を示した。

また、テレビ朝日元アメリカ総局長の名村晃一氏は「安倍総理はトランプ大統領との親密な関係を演出しているが、トランプ大統領にも対北朝鮮にも何か違うカードを持っていた方がいいのではないか」と指摘。原田氏は「仰るとおりで、拉致問題は日米同盟に基づくとう以外のカードもなければ解決しないと思う」と述べた。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎放送済み『けやきヒルズ』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワールドカップ決勝に乱入したプッシー・ライオットとは? 「黒幕」のインタビューから迫る

  • フランスが2度目のワールドカップ頂点 スーパーゴール連発でクロアチアに勝利

  • ビーチ・チェアと死んだウミガメ 覚えておきたい1枚の写真

  • ワールドカップ予想、AIとデータを超えた松木 クロアチア躍進を的中?

関連記事

  • ビンラディンは「名探偵コナン」を観ていた!?

  • Facebook、アプリのシェア許諾カスタムダイアログなど12のAPIを廃止

  • アップルとサムスンの訴訟再び。両社のデザイン哲学や「いくら払うか」に焦点

  • 水原希子さん、ファッション業界の差別「辛い」 と吐露 「みんなが平等に楽しむ権利がある」

  • 少年ジャンプ版のミニファミコンが登場。『キン肉マン』『北斗の拳』など黄金期のゲームが勢揃い

  • 築地市場は円滑に移転できるのか?小池都政が抱える「3つのリスク」