1. TOP
  2. 未分類
  3. Facebook、アプリ内広告に新たな入札システムを導入

Facebook、アプリ内広告に新たな入札システムを導入

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 23 Views

Facebookは「ヘッダー入札」の利用を拡張しようとしている。パブリッシャーの広告枠を、広告ネットワーク間のリアルタイム入札を通じて売るテクノロジーだ。

同社は昨年、モバイルウェブでヘッダー入札を利用することを発表した。本日(米国米国時間6/6)同社は 、同様の仕組みをアプリ内広告にも追加した。

ヘッダー入札を利用するパブリッシャーは、FacebookのAudience Networkの広告を入札経由で手に入れることができる。Facebookはこれを実現するためにFyber、MAX、およびTwitterのMoPubと提携した。

FacebookのVijay Balanが新方式の利点を次のように説明している

現在、広告ネットワークは、アプリ広告の枠が埋まるまで1件ずつ、過去の平均CPMを基準に選ばれる。高く払うつもりのある買い手が選ばれるわけではない。この方式では、インプレッション当たりに高く支払う意思のあるネットワークが、低いランクのために見落されることがよくある。

アプリ入札によってアプリのパブリッシャーやデベロッパーは、自分たちの広告在庫のための公平でオープンな入札を確立できる。全広告ネットワークが同時に呼ばれ、最高入札者が広告枠を勝ち取る。こうしてパブリッシャーに利益を得る機会が与えられる。パブリッシャーは価値の高い広告主を得ることで安定した広告ビジネスの構築が可能になり、サイト利用者は高品質な無料コンテンツを楽しみ続けられる。

BrianによるとFacebookはすでにこのしくみを、Rovio、Talefun、GameInsightなど独自の広告配信技術を持つパブリッシャーと共にテストしている。初期テストでは20%以上の収益増が見られたという。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Anthony Ha

この人が書いた記事  記事一覧

  • 米司法省、AT&TとTime Warnerの合併阻止をあきらめず上訴

  • Google Payのアップデートでピアツーピアの決済やチケット購入/保存ができるようになった

  • Captiv8が、インフルエンサーデータベースを無料で公開

  • 企業のPR活動を評価するTrendKiteがソーシャルメディアとインフルエンサーに強い同業二社を買収

関連記事

  • MicrosoftがついにKinectの生産を終了、しかしその技術は生き続ける

  • 【台風22号】27日に日本接近 再び列島を横断する恐れも

  • Facebookメッセンジャー使い、児童ポルノ動画を拡散。デンマークの未成年者1000人が摘発

  • リベンジポルノの防止策は”自分のヌード画像をアップロード”?  Facebookの対策に疑問の声も

  • 芸能活動休止、坂口憲二さんの難病「突発性大腿骨頭壊死症」とは?

  • 平昌パラリンピックの認知・関心度