1. TOP
  2. 未分類
  3. AirPodsがiOS 12でライブリスニングをサポート――デバイスの聴覚増強機能が使えるようになる

AirPodsがiOS 12でライブリスニングをサポート――デバイスの聴覚増強機能が使えるようになる

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 43 Views

(編集部:この記事はSteven Aquinoの投稿。Aquinoはフリーランスのテクノロジー・ライターでiOSにおけるアクセシビリティー機能の専門家)

月曜のWWDCキーノートで触れられなかったがAppleは重要なハードウェア能力の増強を予定している。iOS 12のユーザーはライブリスニングLive Listen) 機能をAirPods.で利用できるようになる。ライブリスニングはこれまでAppleのMade for iPhone補聴器のみサポートしていた。

iPhoneの「設定、一般、アクセシビリティ」を開いて設定すれば、デバイスを強力な指向性マイクとして利用できる。たとえば騒がしいレストランでもiPhoneをテーブルに置いてAirPodsを装着すればiPhoneが相手の声を聞き取りAirPodsに届けてくれる。

ライブリスニングはAppleが2014年に公開した機能で、iPhoneを補聴器として使うことができる。あるいはレストランや大教室など雑音の多い環境ではっきり音声を聞き取るのにも役立つ
。利用するにはAirPodsをペアリングする際にライブリスニングを有効にし、音量を調整するだけでよい。ここでアクセシビリティ・ショートカットを設定することもできる。

ライブリスニングのサポートはAirPodsの普及にあたって大きな役割を果たすはずだ。AirPodsはここ何年かでもっとも優れたAppleの新製品だと称賛されているが、ライブリスニング機能が加われば一層魅力を増すだろう。近く、誰でも専用ハードウェアを買わずにAirPodsでライブリスニングができる。聴覚になんらかのハンディキャップがある場合は特に有用だ。

ただしAirPodsによるライブリスニングは補聴器を完全に代替することを意図したものではない。補聴器として使うことを考えている場合、専門医、専門家と相談した上でその指示に従うことをお勧めする。

〔日本版〕ライブリスニングはiPadでも利用可能。設定→一般→アクセシビリティ→聴覚サポート→MFiヒアリングデバイスの順に開いてペアリングする。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「ベルリンが僕を変えた」 ベルリン在住イラストレーター/漫画家 高田ゲンキさん〜【海外で暮らすフリーランスのリアル】第8回

  • LA地下鉄、全米初の爆発物検知用ボディスキャナー導入へ

  • VR技術が老眼を救う

  • メッセージング企業のLINEが暗号通貨に特化したファンドを立ち上げ

関連記事

  • Googleマップが「バーガーキングを右折」と言うようになった

  • Chris Dixonインタビュー:Andreessen Horowitz、3億ドルの暗号通貨ファンド結成――元連邦検事が女性初の共同責任者に

  • 3月は「自殺対策強化月間」-若者や働く人の“いのち”を守るために!

  • ドルガバのデザイナー、セレナ・ゴメスさんをインスタで「超ブス」とコメント

  • 天国への門とキノコの王国

  • Google、今もブロックされている中国でAIエンジニアを求人