1. TOP
  2. 未分類
  3. Apple Watchにウォーキートーキーモードがついた

Apple Watchにウォーキートーキーモードがついた

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 21 Views

本日(米国時間6/4)、Appleの年次デベロッパーカンファレンスで、同社はApple Watchのウォーキートーキー(トランシーバー)機能を発表した。アプリの名前はずばりWalkie-Talkie。

「これは友達や家族と話せる簡単で楽しい機能」、とAppleのテクノロジー担当VP、Kevin LynchがWWDCで語った。

初めて使うときはまず友達にリクエストを送り、友達はそれを承認または拒否できる。承認されたら、いつでもその人とウォーキートーキーできる。このWatch間通信は、携帯ネットワークでもWi-Fi経由でも可能で、友達や家族と短いボイスメッセージのやりとりができる。ボタンを押して話しはじめると、友達は触覚フィードバックを感じてすぐに声が聞こえてくる。

これはいつでも使いたいという機能ではないが、間違いなく楽しい。Appleがウォーキートーキー機能について最初に話したのは2014年のことで、Apple Watchが発売される前の年だった。しかし、これまでApple Watchにこの機能か搭載されることはなかった。

Walkie-Talkie feature circa 2014

WWDCでAppleはWatch OS5も発表した。これについてはここで読まれたい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Megan Rose Dickey

この人が書いた記事  記事一覧

  • Uber、サンフランシスコとピッツバーグの自動運転車操作員をレイオフ

  • Uberのドライバーが受け取ったチップは年間総額6億ドル

  • Google、反多様性メモ発覚後初の多様性報告書を発表ー黒人とヒスパニック系の従業員確保が課題

  • Tesla、社員9%をレイオフ

関連記事

  • 「報道現場のセクハラに何の声明・見解も出していない」新聞労連、日本新聞協会に申し入れ

  • Google、ビジネスアプリ開発ツール “App Maker”を正式提供

  • スマホを使って自宅の外からエアコンを操作する「Nature Remo」が予約開始

  • 受付業務から負担の大きい“内線電話”をなくすiPadシステム「RECEPTIONIST」、提供元が1.2億円を調達

  • 自動ネイルアート機、アパレル法人向けフリマなど:Incubate Camp 10th登壇企業紹介(後編)

  • Cerevo子会社をパナソニックが買収、岩佐社長「1歩ミライの生活実現へ挑む」