1. TOP
  2. 未分類
  3. ルーニー、飲酒運転で有罪「品行を改める」 2年の運転禁止と100時間の社会奉仕

ルーニー、飲酒運転で有罪「品行を改める」 2年の運転禁止と100時間の社会奉仕

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 67 Views

裁判所に到着したルーニー氏

サッカー・プレミアリーグ、エバートンに所属する元イングランド代表で、飲酒運転で警察に逮捕されたウェイン・ルーニー氏が9月18日、イギリスの裁判所から有罪判決を言い渡された。

2年間の運転禁止や罰金170ポンド(約2万5800円)、100時間の社会奉仕活動(コミュニティーサービス)が課されたと、BBCなどが報じた。

判決を受けて、ルーニー氏の自身の公式サイトに謝罪文を投稿。「完全に誤った行為」「品行を改められるよう努めたい」などと後悔の思いをつづった。

//platform.twitter.com/widgets.js

テレグラフによると、ルーニー氏は9月1日、自宅付近のイギリス北西部にあるチェシャー州で、知り合った女性の車を運転していた最中に、警官に呼び止められた。

呼吸検査で基準値の約3倍となるアルコールが検知され、逮捕された。

裁判所の罰金に加えて、所属チームのエバートンからも2週間分の給料に相当する罰金が課せられる見込みで、BBCはその額がおよそ30万ポンド(約4550万円)と推察している。

謝罪文の全文は以下の通り

—–

本日の法廷審問を受けて、法の制約を超えて運転をするという許されざる行為や良識の欠如を、公式に謝罪したいです。完全に誤った行為でした。

家族やマネジャーと所属チームの理事長、エバートンの関係者のみなさまには、すでに謝罪しました。今、これまでのキャリアで私を支え、理解してくれた人たちやファンに対して謝りたいです。

もちろん裁判所の判決を受け入れ、課されたコミュニティーへの奉仕を通して、品行を改められるよう努めていきます。

—–

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • スーパーで大量の小銭で支払う客への、レジ係による温かい対応が米国で話題に

  • 75歳の誕生日を迎えたミック・ジャガーのレアな家族写真が公開

  • 古い家電もスマート化するIoTリモコン「Nature Remo」に低価格モデルが登場

  • 「世界最年少の首相」オーストリアで誕生へ 31歳のセバスティアン・クルツ氏

  • AmazonのFire TV CubeはEchoを内蔵したセットトップボックスだ

  • りゅうちぇる、息子を抱いて微笑む写真を公開「誰かの為ならどこまでも頑張れる」