1. TOP
  2. 未分類
  3. 『ウエストワールド』ジェームズ・マースデンが、実写映画版 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』に出演へ

『ウエストワールド』ジェームズ・マースデンが、実写映画版 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』に出演へ

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 29 Views

Filed under: , , ,

実写映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のキャスト陣が決まりつつあるようだ。


1991年に発売されたSEGAのビデオゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を実写化した同映画について、短期間に、たくさんのニュースが転がり込んできた。5月29日、ポップカルチャー情報サイト『That Hashtag Show』は、超音速のハリネズミ”ソニック”と一緒に悪役ドクター・ロボトニックを阻止する警察官トム役にポール・ラッドが候補として挙がっていると報じた。しかし、その翌日、実はパラマウント社の候補の中に彼は入っていないとニュースになった。そして今度は、ドラマ『ウエストワールド』で知られるジェームズ・マースデンが本作に出演するとの情報を『Variety』がつかんだのだ。

マースデンが、前述のトム役を務めるのかどうかは明らかになっていないが、いずれにしても、マースデンは『ウエストワールド』でのアンドロイドたちとの日々から離れ、ソニックと走り回ることになる。

実写映画版『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、CGアニメーションと実写を融合した映画となり、ソニックが悪と戦う様子が描かれるとという。2019年11月15日に全米公開予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • "ソウルの女王"アレサ・フランクリンが危篤「長いこと調子の悪い状態が続いていた」

  • 地域医療構想と機能分化から、世界で勝負できる病院を

  • 病院総合医とキャリアパス―マネジメント人材の育成につながるか

  • 環境部が主導する新しい大韓民国

関連記事

  • "アクセシビリティ"という「おもてなし」-さらなる「バリアフリー社会」の推進を!:研究員の眼

  • 海賊版サイトへのアクセス遮断「中止して」 弁護士がNTTコミュニケーションズを提訴

  • 聖人の彫刻が「恐ろしい状態」に ⇒ 政府憤慨、ネットでは大喜利始まる

  • 会員数の増加が滞って株価急落のNetflix、コンテンツへの過剰投資が裏目か

  • 「敬老の日」に想う-「人生100年時代」生き抜くのは、大変だ!:研究員の眼

  • 15歳少女がアルバイト中に転落死 工場の屋根から13メートル落下