1. TOP
  2. 未分類
  3. Facebook曰く、Cambridge Analyticaの不正に気付かなかったのは「古いタイプの脅威」に集中していたから

Facebook曰く、Cambridge Analyticaの不正に気付かなかったのは「古いタイプの脅威」に集中していたから

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 20 Views

Cambridge Analyticaの2016年大統領選挙に関わる大規模なデータスキャンダルを見聞きした人々の多くは、どうしてそんなことが起きたのか不思議に思っている。実は、Facebookも、起きると思っていなかった。Facebook COOのSheryl Sandbergが今晩(米国時間5/30)のCodeカンファレンスで語った。

「2016年に戻って、人々が国や州や選挙機密について何を心配していたかを考えると、ほとんどがスパムやフィッシングによるハッキングだった」とSandbergは言った。「それがみんなの心配事だった」。

SandbergはSonyのメールハッキング事件を引き合いに出し、当時Facebookには、他の企業が抱えていた多くの問題はなかったと説明した。不幸なことに、Facebookはその分野で失敗はしなかったものの、「違う種類のもっと狡猾な脅威が来るとは思っていなかった」とSandbergは言った。

「われわれは新しい脅威がやってくることを予期していなかったことに気付いた。以前は古い脅威に集中していたが、今はこれがわれわれの抱えている問題であることを理解している」

今後に向けてSandbergは、今Facebookは問題を認識しており、将来の選挙に向けてこれらの脅威によりよい対応ができるようになったと語った。さらにSandbergは、Cambridge Analyticaの不正アクセスを発見したのが遅かっただけではなく、FacebookはいまだにCambridge Analyticaが何のデータをアクセスしたのかを正確にはわかっていないことも壇上で語った。Facebookは英国政府が独自の監査を行った際、まだ自社による監査の最中であったため、調査が一時中断した。

「われわれが当社のものであると識別できた可能性のあるデータを彼らは一切持っていなかった」とSandbergは言った。「今日にいたるまで、Cambridge Analyticaが何のデータを所有していたのか、まだわかっていない」。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Megan Rose Dickey

この人が書いた記事  記事一覧

  • Uber、サンフランシスコとピッツバーグの自動運転車操作員をレイオフ

  • Uberのドライバーが受け取ったチップは年間総額6億ドル

  • Google、反多様性メモ発覚後初の多様性報告書を発表ー黒人とヒスパニック系の従業員確保が課題

  • Tesla、社員9%をレイオフ

関連記事

  • Nvidiaの2999ドルのTitan VはAI処理のための110テラフロップスのGPUだ

  • 西日本豪雨で川が氾濫した倉敷市。美観地区の大原美術館の事前対策にTwitterで注目集まる

  • 「子供達の苦しみ、表現する言葉がない」ユニセフが『無言』の声明、シリアの惨状に抗議

  • 人生100年時代! 私らしいキャリアを見つける3つの質問

  • 冒頭解散めぐり、安倍首相に自民党内から苦言 石破茂氏「何のための解散か明確にすべき」

  • ガムシャラに働いて病気になった時、それは“罰”だと思った。IT系社長が、お弁当屋さんをはじめたワケ