1. TOP
  2. 未分類
  3. iZettleのカードリーダーでロンドンのストリートパフォーマーがキャッシュレスでチップをもらう

iZettleのカードリーダーでロンドンのストリートパフォーマーがキャッシュレスでチップをもらう

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 11 Views

決済のデジタル化が進むにつれて、ロンドン名物ストリートパフォーマーたちの収入が現代化しつつある。

新市長Sadiq Khanの支援もあって、イギリスの首都のバスカーたち(buskers, 路上で音楽や芸をする人たちの総称)は、チップを伝統的なキャッシュやコインだけでなく、クレジットカードから受け取ることができるようになる。

この方式はスウェーデンの決済企業iZettle(近くPayPalが22億ドルで買収)を使い、バスカーたちにカードリーダーを与えておくと、通りすがりの歩行者や通勤者たちが寄付できる。最近行ったトライアルを、今度はロンドンの登録バスカーたち全員に拡大する、とBBCが報じている。テストに参加したバスカーのCharlotte Campbellは、非接触型の決済が加わったことによって、いただけるお金の額が相当増えた、と言っている。

“これまでよりもずっとたくさんの人たちが、私が歌ってるときに寄金をタップした。一人がすると、ほかの人たちもする”、とCampbellは言う。

これはiZettleにとっても、絶好のビジネスチャンスだっただろう。これまでも目立たない形で、イギリスの決済のデジタル化に貢献してきたのだが。

iZettleは決済の超大手PayPalにとって、最大の買収になる。同社はこれまで、ヨーロッパ、メキシコ、ラテンアメリカなど計12の市場で操業してきた。イギリスではモバイルによる新しいタイプのPOS方式でとくに強く、そこではスマートフォンやタブレットにつけたカードリーダードングルが活躍した。アメリカのSquareと似たやり方だが、こういうドングルがあれば従来型のPOSシステムを導入してない零細企業でも簡単にカード決済によるPOS処理ができるようになる。

これをベースにiZettleは零細企業への財務サービスを拡大し、今では在庫管理やローンなどの分野も手がけている。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Jon Russell

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国の暗号通貨取引サービスBithumbがハッカーに$30Mを盗まれたと言っている

  • Google、中国eコマース大手JD.comに5億5000万ドル戦略投資

  • 中国の配車サービスDidi、オーストラリアでサービス開始へ

  • AT&TがTime Warnerの買収を完了…メディア買収が通信大手の生き残る道?

関連記事

  • 独立してから最初の3年間でやった間違い5つ

  • Teslaの電動セミトラックらしき車両を発見!

  • 危険タックル後、なぜ選手交代せず? 内田前監督は「見ていなかった」と釈明

  • 豪雪続く、北陸を中心に記録的な大雪

  • 「インターネットの詩人」が残したもの/追悼:ジョン・ペリー・バーロウ氏

  • 『ドザえもん展』を開く理由とは? 作者は訴える「ユーモアを受け入れない社会にならないで」