1. TOP
  2. 未分類
  3. キャサリン妃、大切にしているのは「家族のありふれた時間」

キャサリン妃、大切にしているのは「家族のありふれた時間」

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 11 Views

Filed under: , , , ,

キャサリン妃は先月ルイ王子を出産してから育児休暇に入っているが、慈善活動を休むことはないようだ。


36歳のキャサリン妃はEast Anglia’s Children’s Hospices(EACH)を支援しており、5月21日から28日にかけて開催されるチルドレンズ・ホスピス・ウィークに向けた手紙を書いた。 この手紙の中で、ルイ王子、4歳のジョージ王子、3歳のシャーロット王女の母親としての経験について書いている。

「チルドレンズ・ホスピス・ウィークを支援することで、EACHが英国中に喜びと前向きさを広め、誰もが大切な時間を最大限に活用するためのお手伝いができます。素晴らしい時間を一緒に過ごすことは家族にとって重要なことです。それは、母親である私にとっても同じです。皆で外で遊ぶような家族のありふれた時間を、私は大切にしています」

手紙はさらに続く。「今年のチルドレンズ・ホスピス・ウィークの支援に皆さんが加わってくれることを願っています。重い病気で苦しむ子供たちやそのご家族がより充実した時間を過ごすお手伝いをする、子供向けホスピスが担う重要な役割を一緒にサポートできるのですから」

キャサリン妃がEACHの支援を始めたのは2012年にさかのぼる。また、2016年のチルドレンズ・ホスピス・ウィークでも、キャサリン妃は支援のためのビデオを公開している。

キャサリン妃は先週末、ハリー王子とメーガン・マークルの結婚式で、ルイ王子の出産以来初めて、公の場に姿を見せた。結婚式でキャサリン妃が着ていたアレキサンダー・マックイーンによるアンサンブルは、過去にも2回着用している。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大阪地震、土砂災害の危険性が高まる がけ崩れ、地すべりの前兆とは?

  • 地震雲とは? 「大阪地震の前に出現」と情報拡散 ⇒ 専門家は否定

  • 相次ぐ日本列島で震度4以上の揺れ、関連性は?

  • 大阪地震、19日に入り震度3以上の余震が複数回発生

関連記事

  • 女性を狙う『ぶつかり男』が新宿駅に出没。JR東日本が警戒「絶対にやめてほしい」

  • クリエイターの“お金に換えられない価値”を評価・支援する暗号通貨「CLAP」

  • 「くまのプーさん」の実写映画『プーと大人になった僕』の心温まる新しい予告編が公開

  • 松坂大輔、4241日ぶりに勝利をもぎ取った「特別なウイニングボールになった」

  • Apple AirPodsをホリデー前に入手できる人は幸運

  • 東大→ハーバードの「政策通」林文科相、公用車で「キャバクラヨガ」に 週刊文春が報道