1. TOP
  2. 未分類
  3. 米国のアイスクリームの早食い大会で日系アメリカ人のフードファイターが新記録を達成!

米国のアイスクリームの早食い大会で日系アメリカ人のフードファイターが新記録を達成!

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 49 Views

Filed under: , ,

先日、米インディアナ州のイベント「インディアナ・ステートフェア」で、毎年恒例のアイスクリームの早食い大会が開催。見事、新記録が達成された。


記録を成し遂げたのは、ラスベガスに住む日系アメリカ人で、トップレベルのプロのフードファイター、ミキ・スドウさん。スドウさんは、6分間にどれだけ多くの1パイントアイス(約473ml)を食べれるかというこの早食い大会で、16パイント(約7570ml)ものアイスクリームを完食。2000ドル(約22万円)の賞金をゲットした。

これまでの同大会の記録は、世界的に有名なフードファイター、ジョーイ・チェスナットさんが打ち立てた15パイント(約7,100ml)。2人は「メジャーリーグ・イーティング」という早食い・大食いの団体に所属しており、この団体のランキングでは、現在、ジョーイさんが1位で、スドウさんは5位に付けている。


■参照リンク
http://www.aol.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 大阪地震、土砂災害の危険性が高まる がけ崩れ、地すべりの前兆とは?

  • 地震雲とは? 「大阪地震の前に出現」と情報拡散 ⇒ 専門家は否定

  • 相次ぐ日本列島で震度4以上の揺れ、関連性は?

  • 大阪地震、19日に入り震度3以上の余震が複数回発生

関連記事

  • デザインスケッチからコードを起こすAIとコンピュータービジョンのUizardが80万ドルを調達

  • なぜか気になるブローチの顔。たどっていくと…ステキな物語に行き着いた

  • 個性が認められる時代はいつ来る?スウェットから学ぶ新しいファッション

  • 「プラス200円で男性もOK」!餃子の王将の"女子会プラン"に問い合わせ殺到!店長を直撃

  • 福田次官のセクハラ訴えたテレ朝女性社員 「全ての女性が働きやすい社会になってほしい」

  • 「親が決めた結婚を拒んだら、熱い油を浴びせられた」逃亡した16歳少女、保護される