1. TOP
  2. 未分類
  3. 「つぶせ」の指示、「けがさせろ」か「思い切り当たれ」どっちだった?日大と選手で真っ向対立

「つぶせ」の指示、「けがさせろ」か「思い切り当たれ」どっちだった?日大と選手で真っ向対立

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 34 Views

記者会見を終え、会場をあとにする日本大のアメフト選手=5月22日、東京都内幸町の日本記者クラブ

アメリカンフットボールの関西学院大と日本大との定期戦で、関学大の選手が日大選手の危険な反則タックルでけがをした問題で、日大側は5月22日、コーチが試合前に選手に言った「つぶせ」という言葉は「最初のプレーから思い切って当たれという意味」などとするコメントを発表した。

だが、選手はこの日、「つぶせ」とは「けがをさせる意味だった」と記者会見で明かし、「相手がけがをすれば得」とも言われたという。双方の言い分は真っ向から対立している。

「コーチから『1プレー目で(相手の)QBをつぶせ』という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で、『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です」。日大の広報部はこの日、こんなコメント文を報道各社に発表した。

だが、この発表前、危険タックルをした選手本人は会見で、別の見解を明かした。

「けがをさせるという意味で言っているんだと思いました」。選手は冷静な表情で語り、「つぶせ」という指示は、試合に出るための条件として、コーチ経由で内田正人監督から言われたとも明かした。

選手はまた、コーチからこうも言われたという。「相手のクォーターバックがけがをして秋の試合に出られなかったら、こっちの得だろう」

アメフト関係者は双方の言い分をどうみるのか。日本代表のヘッドコーチ(HC)の経験がある東大の森清之HCは朝日新聞の取材に対し、「つぶせ」という指示はアメフト界では日常的に使われており、「『ルールを守った上で、激しいプレーをしてこい』という意味に近い」と説明する。

ただ、森氏は、日大のコーチが選手に対し、相手の選手がけがをして秋の試合に出られなければ得だと話したことについては、「考えられない」と話す。

選手に対する数々のコーチの発言も考慮すれば、「選手が『けがさせろ』の意味で理解しても全く不思議ではない」と述べた。

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • 育児を夫婦で満喫しよう その1.4割の妊婦が独りでお産に挑む現状を変えましょう

  • 史上最大の素数を発見。50番目となるメルセンヌ素数は、原稿用紙5万8000枚分

  • ECプラットフォームのBASEがライブコマースに参入——店舗登録者ならアプリで即配信可能

  • 心臓マッサージの訓練をする警察犬ポンチョの動画が話題に。健気な姿が「とってもかわいい」

  • 任天堂、マリオ映画化は『ミニオンズ』のイルミネーションと提携。宮本茂も共同プロデュース

  • イヴァンカ・トランプ氏、訪日終え日本の「温かいおもてなし」に感謝