1. TOP
  2. 未分類
  3. Amazonがセラーのビジネスの合理化/自動化を助けるアプリ専門のアプリストアを立ち上げ

Amazonがセラーのビジネスの合理化/自動化を助けるアプリ専門のアプリストアを立ち上げ

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 33 Views

Amazonが新しいタイプのアプリストアを立ち上げ、とくにそこには、セラーの在庫管理や受注管理などを助けるツールが並ぶことになった。その新しいアプリストアはMarketplace Appstoreと呼ばれ、AmazonとAmazonの審査を通ったサードパーティデベロッパーがAmazon MarketplaceのAPI、Amazon Marketplace Web Service(Amazon MWS)を使って作ったアプリを揃えている。CNETの報道によると、このMarketplace Appstoreは今日(米国時間5/21)、セラー向けにローンチされた。

現在Amazon上のセラーは約200万社いて、そのうち100万あまりがアメリカの中小企業だ。Amazon MWSは、セラーが自分の在庫と受注とロジスティクスに関するデータをAmazonと共有して、さまざまなタスクを自動化するための総合的なWebサービスAPIだ。セラーが自分のアカウントや他のセラーのためのアプリを作ることもできる。

AmazonはCNETに次のように語っている: “たくさんのデベロッパーがうちが提供しているツールを補うようなアプリケーションを作って、それらを弊社(Amazon)のサービスに統合している。今回Marketplace Appstoreを作ったのは、そういうアプリケーションを見つけやすくし、彼らのビジネスのオペレーションを合理化し、結果的に今よりも良い顧客体験を作りだすためだ”。

Marketplace Appstoreへのデベロッパーの参加や利用は無料だが、当面はAmazonに申込書を提出して、審査に通らなければならない。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Catherine Shu

この人が書いた記事  記事一覧

  • Californiaの新法で各種ネットサービスの途中解約がさわやかに明快にできるようになった

  • Microsoftが、国境における移住家族の強制的な分離に「動揺している」と表明

  • Intelが28コアのシングルソケットチップを今年の終わりごろローンチする

  • オーストラリアの人たちは7月からAmazonのアメリカのサイトで買い物できなくなる

関連記事

  • 平昌オリンピック 選手村のお布団は、気に入れば持って帰れるよ。

  • なぜか気になるブローチの顔。たどっていくと…ステキな物語に行き着いた

  • 舛添要一氏、小池百合子代表のパリ会見に「希望の党が払わなければいけない」(衆院選2017)

  • 震度6弱以上の地震予測、日本地図に当てはめると…⇒千葉市85%、横浜市82%

  • 国の対策が後退する今こそ、東京都は「受動喫煙ゼロ」を高らかに目指すべき

  • ファン衝撃!イケメン俳優アレクサンダー・スカルスガルドがハゲ頭に