1. TOP
  2. 未分類
  3. 【4コマ】アラサー女子が仕事で息切れする理由

【4コマ】アラサー女子が仕事で息切れする理由

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 46 Views

29歳、今までどおり仕事を頑張っているのだけど、どうも最近息切れが激しい。

「女性ってこんな大変なんだよ」って不幸自慢をしたかった訳でも、「男性は良いよね」と僻みたかった訳でもありません。

  • 「30歳が近付いてきて、なんか最近急に悩むことが増えた気がする」
  • 「男女関係なく同じフィールドで平等に戦いたいと思っていたけど、体調面でも精神面でも、男性とまったく同じやり方をするのは自分にはどうも合わない。」

といった最近のモヤモヤを形にしてみようと思って描きました。

「女性が自由に輝ける時代」「年齢なんて関係ない」というけれど。

肩肘張って歯を食いしばって働きつつ、古い考え方や心無い言葉に耐えながら生きている女性、まだまだたくさんいませんか。

(「みつはのらいふぶろぐ」より転載)

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • イーロン・マスク氏の偽物に注意。「お詫びに40億円分の仮想通貨をプレゼント」のサイトに誘導

  • 岐阜県多治見・美濃で40℃到達 5年ぶりに記録

  • 可愛すぎる「容疑者」を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

  • 可愛すぎる容疑者を逮捕。警察が発表した顔写真に全米がホッコリ

関連記事

  • 社名変更で「加速するタイミング」、クラウドファンディングのMakuakeは地方と世界を目指す

  • アップル、新宿に続く新店舗を謎のロゴで予告。場所はどこ?

  • ウェブやスポーツデータを解析するグラッドキューブが1.5億円を調達、NTTグループとの連携も

  • CVRを上げるためのバナー制作4つのポイント~Yahoo!ニュースアプリA/Bテスト事例からみえた「都道府県ニュース」の隠れた需要

  • 市川海老蔵、娘から「パパのことは絶対に忘れない」に複雑な心境

  • 20代は、何に仕事の価値観を求めているのか?