1. TOP
  2. 未分類
  3. 朝からアートさんぽする時間。みんなが仕事し、勉強しているときに森美術館に出かけよう。【イベント】

朝からアートさんぽする時間。みんなが仕事し、勉強しているときに森美術館に出かけよう。【イベント】

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 10 Views

慌ただしいラッシュアワーを乗り切ったら、朝のルーティンが始まるーー。

学生たちは教室で学び、ビジネスパーソンたちはオフィスでメールの処理を始めたりする。

そんな日常のルーティンを一瞬抜け出して、朝からアートの世界に浸ってみたら、午後の過ごし方がグッと変わるかもしれません。

ハフポストは5月31日(木)午前10時から、東京・六本木の森美術館で開催中の「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」を楽しむ「朝のアートさんぽ」を実施します。

比較的ゆっくり見て回りやすいという平日の午前中に、森美術館アソシエイト・キュレーター、德山拓一さんの解説をじっくり聴きながら、日本建築の魅力を堪能します。

「建築の日本展」では、千利休が作ったと伝えられる茶室、国宝《待庵》の原寸再現や、建築家・丹下健三の自邸を1/3スケールで再現した巨大模型のほか、さまざまな建築資料や模型、体験型インスタレーションの展示が楽しめます。

平日にアートを楽しむ。日常であるはずなのに非日常的に思える時間を過ごしてみませんか。

【こんな人におすすめ】

・日常のルーティンから離れた場所に行きたいと思っていても、なかなか実現できない

・みんなが勉強したり仕事している時間に、自分は美術鑑賞しているというワクワク感を味わいたい

・平日午前のゆったりとした時間でアートを堪能したい

「朝からアートさんぽする時間」イベント開催概要

●開催日時 5月31日(木)午前10時〜11時30分

●主催 森美術館/ハフポスト日本版

●会場 森美術館 

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階

●申込締切 5月23日(水)23:59

●参加人数 15人(応募者多数の場合抽選)

●抽選結果の通知 5月25日(金)

●参加費 無料

●応募方法 こちらのフォームより記入をお願いします。

朝の美術館を訪ねて、「アタラシイ時間」を過ごしてみよう。

ハフポスト日本版は5月に5周年を迎えました。この5年間で、日本では「働きかた」や「ライフスタイル」の改革が進みました。

人生を豊かにするため、仕事やそのほかの時間をどう使っていくかーー。ハフポスト日本版は「アタラシイ時間」というシリーズでみなさんと一緒に考えていきたいとおもいます。

案内人

德山拓一(森美術館アソシエイト・キュレーター)

静岡県生まれ。2012年より京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで学芸員として勤め、2016年4月より現職。森美術館では「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」(2018年)、「SUNSHOWER: 東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」(2017年)を担当。「アジア回廊 現代美術展」(2017)キュレーター。京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでの主な展覧会企画として、グイド・ヴァン・デル・ウェルヴェ個展「無為の境地」、奥村雄樹個展「な」(2016年)、アピチャッポン・ウィーラセータクン個展「PHOTOPHOBIA」、ミヤギフトシ 個展「American Boyfriend: Bodies of Water」(2014年)、「京芸 transmit program #04 KYOTO STUDIO」(2013年)等がある。平成27年度京都市芸術文化特別奨励者。東京都在住。

※会場内で発生したお子さまのいかなる事故、事件、ケガなどにつきまして、主催者、会場、出演者は一切の責任を負いません。保護者の方々の責任においてお子さまの保護・管理をお願いします。

※車椅子での来場など、会場内の移動に補助など必要な場合は、フォームの備考欄に記載ください。

※イベント模様の撮影がございます。後日、ハフポスト日本版のウェブサイトやソーシャルメディア等で画像を掲載させていただくことがあります。

※交通費はお客様のご負担となります。

※貴重品などはご自身で管理をお願いいたします。所持品の盗難・紛失については一切責任を負いかねますのでご注意ください。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国の文在寅氏と北朝鮮の金正恩氏が二度目の首脳会談を実施

  • 「日芸は皆さんを必ず守る」日大芸術学部の独自メッセージが話題

  • 危険タックル事件、被害届と平行し、日大選手の嘆願書も提出へ 負傷選手の父親が会見

  • エミリア・クラーク、溺愛してくる母親のイタズラに困惑

関連記事

  • 「森林環境税」新設へ、放置森林は生き返るのか/今どき目的税を新設? 既存税とのダブリ批判も

  • 「トップリード」新妻悠太容疑者逮捕に、相方がコメント「信じて待つしかない状態です」

  • FacebookとQualcomm、都市向け高速Wi-Fiを2019年中期に提供へ

  • 「この国を、守り抜く」に、後藤健二さん、湯川遥菜さん殺害事件を思う。

  • オバマ大統領も参加したQ&Aサイト「Quora」CEO、スタートアップの祭典「TC Tokyo」登壇決定

  • 妊活は「愛のリトマス紙」? これから子どもが欲しい夫婦に、経験者と産婦人科医が伝えたい5つの真実