1. TOP
  2. 未分類
  3. キーボードクラッシャーが帰ってきた。「ハロー、日本の友人たち」

キーボードクラッシャーが帰ってきた。「ハロー、日本の友人たち」

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 7 Views

2006年ごろにPCのキーボードを破壊する動画で世界に衝撃を与えたドイツの少年、通称「キーボードクラッシャー」が帰ってきた。

当時、PCゲーム『アンリアル・トーナメント2004』に熱中しすぎてキーボードを乱打し、机に強く叩き付け破壊してしまうといった動画が話題になった。日本では「キーボードクラッシャー」と呼ばれて、ニコニコ動画のMADムービーの素材として大流行した。

2018年現在、彼は「ヘラクレス・ビーツ」と名乗り、ラップやヒップホップの音楽を自作しているという。本人が5月15日、「私の日本人の友達に」と題した動画をYouTubeに投稿した。

彼が語ったメッセージを翻訳すると、以下の通り。

「ハロー、英語が理解できる日本の友人たち。会えてうれしいよ。 ご覧のように、僕は2006年からやってきた本物のキーボードクラッシャーだ。 今、僕は26歳で身長は2メートル。つまり6フィート7インチで、体重は100キロだ。10年間の沈黙を経て、ラップやヒップホップを作っているんだ。 作曲も作詞も、ラップも全部1人でやってるよ。 もし僕が何と言っているのかわからなくても、音楽や動画、トークを楽しんでくれることを願っている。 以上だ。じゃあね」

この動画に対してコメント欄では「かっこよすぎワロタ」「あんた元気やったんかぁ」「日本のネットであなたは有名人ですよ」と応援する声があふれている。 

■2006年ごろにネット上に拡散した「キーボードクラッシャー」の動画


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 韓国の文在寅氏と北朝鮮の金正恩氏が二度目の首脳会談を実施

  • 「日芸は皆さんを必ず守る」日大芸術学部の独自メッセージが話題

  • 危険タックル事件、被害届と平行し、日大選手の嘆願書も提出へ 負傷選手の父親が会見

  • エミリア・クラーク、溺愛してくる母親のイタズラに困惑

関連記事

  • 立会人が寝坊、投票できず2人帰る 大阪・高槻市

  • Amazon、新型Echoの「(RED)」バージョンを期間限定で発売

  • 文章の書きかたを学ぶ時間。ベストセラー連発の出版社トップに”90分でわかるコツ”を聞く【イベント】

  • ランサーズがパーソル、新生銀行から10億円を資金調達——派遣や融資など、働き方を広げる新サービスも

  • 木星の衛星エウロパに間欠泉? 20年前のガリレオ観測機のデータに痕跡を発見

  • LTEの新たなセキュリティホールが発見?電話の盗聴や緊急速報を偽装できる脆弱性を報告する論文が公開