1. TOP
  2. 未分類
  3. ネイティブ広告プラットフォームのログリーがマザーズ上場へ

ネイティブ広告プラットフォームのログリーがマザーズ上場へ

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 10 Views

ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」などを運営するログリーは5月17日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は6月20日で証券コードは6579だ。

有価証券報告書によると同社の2016年3月期(第10期)の売上高は4億625万円、経常損失が5800万円、当期純損失が5830万円。2017年3月期(第11期)における売上高は9億1180万円、経常利益が4992万円、当期純利益が6352万円だ。なお第12期については第3四半期までの累計(2017年4月1日〜12月31日)で売上高が11億4093万円となっている。

ログリーは2006年5月の設立。現在は2012年にリリースしたlogly liftを主軸に、ネイティブ広告プラットフォーム事業を展開している。自然言語処理と機械学習を組み合わせた独自の文脈解析技術を強みに、レコメンドエンジンや広告配信を最適化。分析ツール「Loyalfarm」の開発や東南アジアにおけるlogly liftのOEM提供などにも取り組み、事業を拡大してきた。

株式の保有比率については、代表取締役の吉永浩和氏が30.79%を保有する筆頭株主。ついで取締役の岸本雅久氏が17.98%、VOYAGEGROUPが15.24%、アイティメディアが5.36%、VOYAGE VENTURESが5.24%、シーエー・モバイルが5.18%と続く。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

masumi ohsaki

この人が書いた記事  記事一覧

  • 細胞培養技術で“人工フォアグラ”実現も、インテグリカルチャーが3億円を調達

  • 1.5万施設が登録する民泊管理ツール提供のmatsuri technologies、数億円を調達

  • 出張や旅行時の面倒なビザ申請がオンラインでスムーズに、「one visa visit」のクローズドβ版公開へ

  • “電子トレカ”がスポーツチームの収益源になる「whooop!」発表、1500万円の資金調達も

関連記事

  • サイボウズ式:【第10回】こびとの指示書はこれだ!──実際のプログラムをみてみる

  • 元気活発な小型犬の名前をつけたPocketBeagleは今の市場で最小のシングルボードコンピューターだ

  • #家族のこと教えて 0歳・もっち君の答え「パパもママも、保育園もだいすき」

  • ハッキングされたEquifax、株価がまた8%ダウン

  • アーサー牧師が語る“3つの聖地”エルサレムの意味「トランプ大統領はパンドラの箱を開けた」

  • サファリパークのライオンエリアに50分閉じ込められた結果・・・【映像】