1. TOP
  2. 未分類
  3. カンヌ映画祭で女優が裸足に… レッドカーペットでハイヒールを脱いだのはなぜ?

カンヌ映画祭で女優が裸足に… レッドカーペットでハイヒールを脱いだのはなぜ?

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 31 Views

クリステン・スチュワート

映画『トワイライト』シリーズなどで知られる女優のクリステン・スチュワートが、南仏で行なわれている第71回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットでハイヒールを脱ぎ捨て裸足姿になり、話題になっている。

同式典で審査員を務めるスチュワートは5月14日夜、スパイク・リー監督の『BlacKkKlansman』のプレミア上映に参加。クリスチャン ルブタンのヒールを履いて写真撮影に応じたが、突然靴を脱ぎ出し、裸足でレッドカーペットを歩いた。

2015年、第68回カンヌ国際映画祭のプレミア上映で、かかとが平らなフラットシューズを着用した女性が「ドレスコード(服装規定)」に反しているとして入場を拒否され、大論争に発展した。翌年には、この騒動に呼応するかのように女優のジュリア・ロバーツさんが裸足でレッドカーペットに登場した

スチュアート本人は、自身がとった行動について特にコメントしていない。また、スチュワートの代理人もハフポストUS版の取材に応じなかった。

スチュワートは2016年、ヴァニティ・フェアのインタビューで、映画祭でのドレスコードについて以下のように語っている。

「もし私が男性と一緒にレッドカーペットを歩いている時、誰かが私にだけ『すみません、ハイヒールを履いていないので参加できません』と言ったら、『じゃあ彼もヒールを履かなきゃいけないの?』と聞くと思う」

「シンプルに、男性には要求しないことを私に要求してくるのはおかしいでしょう。黒いネクタイを着用したって何も言われないのに、私はフラットシューズかヒールを選ぶこともできないなんて」

ハフポストUS版の記事を翻訳・編集しました。
Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「全米プロ」松山英樹「乱調」での72ホール奮闘記–舩越園子

  • サイボウズ式: 「個人が会社を使うという働き方はおもしろい」──ホリエモンと新しいカイシャを議論したら、生き方の話になった

  • サイボウズ式:従業員の同意がない転勤を禁止してほしいです──サイボウズ青野慶久、連合の会長に働き方について意見してみた

  • 【シリーズ:ウナギをめぐって】第3回 ウナギという魚の危機

関連記事

  • 事実婚でも不便はなし。結婚というファンタジーに挫折したら、呪いが解けた。

  • 映画館が危険な場所なんて嫌だ!バングラデシュの映画事情 বাংলাদেশের চলচিত্রের অবস্থা হবে

  • 新生児の育児を夫婦で満喫しよう その5 出産祝いに美味しいものを食べよう

  • 「空気ってやつがそうだったのかも」麻生太郎財務相、森友文書改ざんの原因を問われると…

  • Chromebookが一般採用の増加を目指してWindows 10とデュアルブートになる?

  • 「盗撮しようとして足が爆発」神父に懺悔した男が自首