1. TOP
  2. 未分類
  3. 『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』続編は、大人用オムツが必要なほど「もっと怖い」と監督が宣言

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』続編は、大人用オムツが必要なほど「もっと怖い」と監督が宣言

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 34 Views

Filed under: , , ,

来年、『It: Chapter 2』(原題)が公開される前にワーナー・ブラザーズはオムツメーカーと提携すべきかもしれない。


『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』続編の撮影はまだ始まっていないが、監督のアンディ・ムスキエティは、シネマコンで行われたワーナー・ブラザーズのプレゼンテーションの中で、続編についてこう語った。

「1作目よりも、もっと怖くて強烈だから大人用オムツを持ってくるように」

彼が言ったのはこれだけ。もちろん、撮影が始まっていないため、見せるべき映像もない。だからと言って、見るものが何もないわけではない。シネマコンの参加者だけは特別に、ワーナー・ブラザーズによる『Aquaman』(原題)の予告編や、ディズニー/マーベル/ルーカスフィルムの映像を見ることができた。いずれの映像も、参加者が漏らさない限り、一般向けには公開されていない。

『It: Chapter 2』では、1作目から27年後の大人になったルーザーズクラブを描いているが、1作目の子役たちが登場するフラッシュバックシーンもあるそうだ。

ビル・スカルスガルドはペニーワイズ役として戻ってくることが決まっており、ジェシカ・チャステインが大人になったベバリー・マーシュ(1作目ではソフィア・リリスが演じていた)を演じると言われている。ジェームズ・マカヴォイは大人になったビル・デンブロウ役(1作目ではジェイデン・リーバハーが演じていた)、ビル・ヘイダーは大人になったリッチー・トージア役(1作目ではフィン・ウォルフハードが演じていた)で出演交渉中とのことだ。

『It: Chapter 2』は2019年9月6日に全米公開予定(日本公開日は未定)。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • スヌーピーミュージアムが町田市に移転! 六本木のミュージアムの閉館で悲しむファンに朗報

  • 尾畠春夫さんの思い 「困った時はお互い様。明日は我が身かもしれないから」 男児発見から一夜

  • フィンランド最大の音楽フェスで、自分の〝好き〟を表現する人たちに出会った。

  • オウムのジェットストリームに巻き込まれ、シャツの袖から出てきた蜂を追い回す

関連記事

  • Google Earth VRアプリケーションがStreet Viewをサポート、衛星ビューから地上360度ビューへ切り替えできる

  • ハワイ諸島付近でM6.9の地震 日本への津波はなし

  • 「今日から俺は!!」まさかのドラマ化 80年代が舞台のヤンキー漫画に「懐かしすぎる」の声

  • スウェーデンの避妊アプリNatural CyclesをFDAが承認、ただし完璧な避妊方法は存在しない

  • アップル、水没iPhone・Macなど無償修理 豪雨被災者が対象

  • フェイクニュース対策に揺れるEU:「表現の自由」と「いまそこにある危機」