1. TOP
  2. 未分類
  3. 歩道に車突っ込み、9人死亡 G7会合のトロント

歩道に車突っ込み、9人死亡 G7会合のトロント

未分類
この記事は約 1 分で読めます。 57 Views

G7の外相会合が開かれているカナダ・トロントで4月23日午後、ワゴン車が歩道に突っ込み9人が死亡、16人が負傷した。容疑者は拘束された。

CBSニュースは、運転手の名前をアレク・ミナシアン(25歳)と報じた。

ロイター通信は、アメリカの治安当局者の話として、テロの可能性が高いとみて捜査していると伝えた。

カナダのラルフ・ゴデール公共安全・緊急事態準備相は、「現段階で、国内のリスクレベルが上がっているとの情報は得ていない」と述べている

歩道に突っ込んだワゴン車

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • "ソウルの女王"アレサ・フランクリンが危篤「長いこと調子の悪い状態が続いていた」

  • 地域医療構想と機能分化から、世界で勝負できる病院を

  • 病院総合医とキャリアパス―マネジメント人材の育成につながるか

  • 環境部が主導する新しい大韓民国

関連記事

  • ひとの死を、受け容れる。あるいは希釈する。佐倉さんのインスタは、きれいな花と食事であふれている。

  • サーカスでの動物出演はノー イタリアで禁止法が成立

  • プロ写真家に出張撮影を頼めるマッチングサービス「AMI」運営がメルカリなどから資金調達

  • ワーママは小学校受験できるのか ~ママたちの小学校受験壮絶バトル体験記~【後編】

  • フリーランスって、本当に働きやすい? メリット・デメリットを聞きました

  • 「ZOZOSUIT」を体重100キロのパパが着たら、こうなった ⇒ 前澤社長がモデルを依頼する事態に