1. TOP
  2. 未分類
  3. C2Cの荷物預かりサービス「monooQ」、長期保管に対応した個人間トランクルームをリリース

C2Cの荷物預かりサービス「monooQ」、長期保管に対応した個人間トランクルームをリリース

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 67 Views

荷物を預けたい人と預かってくれる人をつなぐC2Cシェアリングサービス「monooQ(モノオク)」を運営するLibtownは9月15日、長期間荷物を保管できる個人間のトランクルームサービスをローンチした。

今まではコインロッカーを代替するような形で、短期間の荷物預かりサービスとして打ち出していたmonooQ。今回の新サービスにより、monooQ上で荷物を預ける場所を検索する際「長期(1カ月から)」「短期(1日から)」と期間に応じて探せるようになった。

Libtown代表取締役の阿部祐一氏は「1日から荷物を預けることのできる、個人間トランクルーム」だと説明する。

荷物を預かるユーザーは使っていない部屋や、押入れ、余っている倉庫、部屋の一角などをトランクルームとして長期的に運用することで、まとまった収益を得られる可能性がある。一方荷物を預けたいユーザーも、従来のトランクルームより安く荷物を保管できる。

長期間の保管サービスは8月からベータ版として運用を開始。今までも長期間荷物を預けることはできたが、ユーザーにとって1カ月あたりの利用料が分かりやすいような仕組みを整えた。阿部氏によると、すでに短期利用よりも長期利用の件数が上回っているという。

「自宅にある服を継続的に保管したり、引越し時に数週間から1カ月くらい荷物を保管するのに使われている。空きスペースを活用しているため、従来のトランクルームよりも利用料が安い点が1番のメリットだ」(阿部氏)

monooQの利用料金は1畳で5000円ほどが目安。実際にサービスをのぞいてみると東京の中心地でも1カ月3000円で荷物を預けれらる場所もある。従来のトランクルームだと、東京の中心地であれば1カ月1万円を超える所も多い。敷金や礼金などの初期費用が加算されることもあるという。

monooQでは直近1カ月で約200カ所のホスト登録があり、2017年内に合計で3000カ所まで拡大を目指す。また並行して登録場所の使用率60%を目指していく。

「都内ではホストの登録がある程度増えてきているからこそ、まずはそのマッチング率を上げることを重視する。その後は地方にも拡大し、上京している人が地方の実家に荷物を預けるような感覚で、安く荷物を保管できるようなサービスにしていきたい」(阿部氏)

このあたりのアプローチは大阪や福岡、札幌など積極的に地方展開を進める「ecbo cloak」とは少し違うのかもしれない。とはいえダンボール数箱を預けるとなると、そもそも保管場所まで荷物を持っていくハードルが高い。たとえば宅配型トランクルームのように荷物の宅配をサポートする機能など、まだまだ改善の余地もありそうだ。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

masumi ohsaki

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「cluster.」にVR上で有料イベントができるチケット機能、第1弾はVTuber輝夜月の音楽ライブ

  • 少量のデータから特徴を抽出する独自AI開発、ハカルスが1.7億円を調達

  • 数秒審査、翌月払いの決済サービス「Paidy」が伊藤忠らから約60億円を調達——対面決済サービスも予定

  • 予約管理システム屋ではなくサービス版のAmazonへ、クービックが習い事の事業者向け新機能

関連記事

  • 「AI」と人類の未来はどうなるのか(上) 『ダ・ヴィンチ・コード』作者ダン・ブラウン初来日講演–フォーサイト編集部

  • 【速報】HPVワクチンと「副反応」に関係がなかったことが明らかに!~「名古屋スタディ」の成果~

  • NASAのInSight火星着陸機は、赤い惑星を掘り下げる

  • 優秀な社員を失わないために。社長たちが語る「これからの中小企業」経営

  • 「いいんだよ!男の子だってお姫様になれる!」HUGっと!プリキュア屈指の名セリフに反響

  • 診療所に居酒屋!? 一市民として地域に溶け込む医師の目指すこと