1. TOP
  2. 未分類
  3. 決闘を申し入れた町職員が停職6カ月。同僚の前で包丁を叩き付けて「降りてこいや」

決闘を申し入れた町職員が停職6カ月。同僚の前で包丁を叩き付けて「降りてこいや」

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 33 Views

決闘のイメージ写真

大阪府豊能町は4月18日、同僚の男性に決闘を申し入れた男性職員(46)を停職6カ月の懲戒処分にした。

豊能町総務課によると、男性職員はゴミ収集を担当する環境課技能主任。3月13日午前、ゴミ収集車を運転中に助手席に座っていた同僚の50代男性から、スピードの出し過ぎやコース取りが悪いなどと指摘されて口論になった。

「やる気がなくなった」として午後の勤務を休んで帰宅した後、「駐車場で待ってる。決着つけたる」と同僚男性の携帯電話にかけた。午後3時ごろ、ゴミ収集を終えて駐車場に戻った同僚男性の乗る車の前に現れてフロントガランスをバンバンと叩いた。

ホームセンターで購入した包丁2本が入った袋を地面にたたきつけた上で、「どっちがええ?」「降りてこいや」などと言って決闘を申し入れたという。その後、現場にかけつけた他の職員に取り押さえられた。町の聞き取りに「自分のこれまでの経験を否定されたように感じた」などと話したという。

町が15日に豊能署に連絡。同署は4月6日、銃刀法違反や暴罪などの疑いで技能主任を書類送検した。町総務課では「こうしたことが起きないように、特に現場の職員に対して、感情をコントロールできるように研修をしていきたい」と話している。

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ワールドカップ決勝に乱入したプッシー・ライオットとは? 「黒幕」のインタビューから迫る

  • フランスが2度目のワールドカップ頂点 スーパーゴール連発でクロアチアに勝利

  • ビーチ・チェアと死んだウミガメ 覚えておきたい1枚の写真

  • ワールドカップ予想、AIとデータを超えた松木 クロアチア躍進を的中?

関連記事

  • 世界で活躍する日本人若手デザイナー3名に聞く、プロダクトの今、そして未来

  • 【渡航前必見!】インドに絶対に持って行きたい10のモノ!

  • 使いたい?自民党がLINEで安倍晋三スタンプを無料配布 「アンケート機能で国民の声広く聞く」とも。

  • 母になる。でも自分では産まない。そう決めた理由を話します。

  • 「スケールか死か」米メディアで起こる地殻変動

  • 聖書の教えならトランプ大統領は“神の子”? 福音派とマッチする「アメリカ・ファースト」の姿勢