1. TOP
  2. 未分類
  3. 収入が近いカップルは別れにくい?お金と夫婦の関係、新研究で明らかに

収入が近いカップルは別れにくい?お金と夫婦の関係、新研究で明らかに

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 29 Views

イメージ画像

お金が、必ずしも幸せをもたらしてくれるわけではない。しかし収入が、夫婦の関係に影響を与える可能性があるようだ。新研究で明らかになった。

研究を発表したのは、コーネル大学博士研究員のパトリック・イシヅカ氏。学術誌「デモグラフィー」に掲載された同氏の研究によると、収入が近いカップルは、関係が長続きする。

「平等が安定を促進しているようです。男性と女性の平等な経済貢献が、カップルの絆を強める可能性がある」とイシヅカ氏は説明する。

カップル間の平等、特に家事の平等な分担が、幸福度と性的満足度を増加させる可能性があることは、以前の研究からわかっている。

また、一方の収入が飛び抜けて高いことが、カップルの力関係に影響を与え、不満の原因になる可能性も指摘されている。

臨床心理士のマーリン・ポタッシュ氏はCNNのインタビューでこう語る。

「これまで、お金を持っている方が力を持つと考えられていました。その結果、収入が少ない方は自分の願いや必要は相手より重要ではない、どうでもいいことだと感じてしまっていた」

イシヅカ氏の研究によると、平等な関係はこれとは逆の結果をもたらすようだ。「(収入面での)平等が、パートナー間の責任や協力を増やす可能性がある」と同氏は説明する。

イシヅカ氏は、アメリカ国勢調査局の所得調査と人口動態調査も調べた。そして、収入の高いカップルの方が結婚しやすいことを発見した。

家の購入といった夫婦の”一般的な目標”を叶える経済水準を達成しているカップルの方が結婚しやすいという。

「ある一定の収入や冨の域に達すると、カップルは結婚しやすくなる。彼らは、家や車を購入し、立派な結婚式をしたいと望んでいる。安定した仕事と収入も大切だ」とイシズカ氏は説明する。

日本やカナダなどの国で初婚年齢は上がっている。要因として、若い世代が安定したキャリアや収入を手に入れにくい状況が考えられる。

結婚を選ばない人たちも増えている。アメリカの心理学者アントニア・ホール氏はこう語る。

「ミレニアル世代の多くは、両親の離婚と家庭崩壊が増えていく中で育ってきました。彼らにとって、結婚は最善のオプションではないのです」

「教育ローンの負担も増えており、ミレニアル世代は経済的な安定を感じていません。誰かと拘束力のある関係を結ぶとことは、彼らにとって魅力的ではないのです」

ハフポストカナダ版の記事を翻訳しました。

家族のかたち」という言葉を聞いて、あなたの頭に浮かぶのはどんな景色ですか?

お父さんとお母さん? きょうだい? シングルぺアレント? 同性のパートナー? それとも、ペット?

人生の数だけ家族のかたちがあります。ハフポスト日本版ライフスタイルの「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。

あなたの「家族のかたち」を、ストーリーや写真で伝えてください。 #家族のかたち#家族のこと教えて も用意しました。family@huffingtonpost.jp もお待ちしています。こちらから投稿を募集しています。

    var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || [];     cX.callQueue.push([‘insertWidget’, {         widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’,         insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’,  renderTemplateUrl: ‘auto’}]);      // Async load of cx.js     (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’;     e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’;     t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 神対応ボランティアセンター「西予モデル」仕掛け人に会えた!

  • 「民泊」は日本の「おもてなし」の概念に革命を起こした

  • 二次元材料のための高分解能電子顕微鏡

  • 議員の本懐を問う

関連記事

  • 「‟炭水化物抜き"ダイエット」、うまくいかなかった人に聞いてみた。

  • 乾貴士、スペイン紙が選ぶワールドカップベスト11候補にノミネート 日本代表で唯一

  • 地球誕生の時期に迫る最古の生命の証拠

  • 大阪で震度6弱の地震、南海トラフとの関連は?

  • 人材紹介会社マッチングのgrooves、地銀系VCなどから1.8億円を資金調達——地方の人材不足解消を支援

  • WhatsApp Storiesのユーザー、4.5億人――音声通話、ビデオ会議機能も追加、独走体制へ