1. TOP
  2. 未分類
  3. 「現実離れ」したプール飛び込み指導で停職6カ月、都立高教員は「反省している」

「現実離れ」したプール飛び込み指導で停職6カ月、都立高教員は「反省している」

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 20 Views

(写真はイメージ)

2016年7月14日、都立高校でプールの授業があった。男性教諭(45)の飛び込みの指導を受けていた3年生の男子生徒(18)がプールの底に頭を打ち、首の骨を折った。東京都教委は事故の処分を公表し、男性教諭は4月16日付で停職6カ月となった。

デッキブラシを手に持って…

事故はプールの授業中に起きた。保健体育を担当する男性教諭は、手にデッキブラシを持ち、その柄を越えて飛び込むよう生徒に指示した。

ブラシの柄は、プールサイドに立つ教諭の足元から1メートルほどの高さにあった。生徒は水深約1・1メートルと浅かったプールの底に頭を打ち、病院に搬送された。幸い一命はとりとめたものの、首の骨を折り、胸から下は十分に動かない状態になった。

この事故を受けて、東京都教委は飛び込みを原則禁止とする措置を決めた。都教委によると、停職6カ月は懲戒免職の次に重い処分で、事案の重大性や過去のケースを参考に決めたという。

「現実離れした指導」という声

事故当時、都教委内からも「現実離れした指導」という声が上がっていた。2001年に作成された水泳事故防止対策をまとめたリーフレットの中に、「空中高く飛び込む」は危険なスタートに当たる、という例示があったためだ。

都教委は処分が決まるまでに1年以上の時間がかかった理由について「事実確認や聞き取りに、組織として意思決定をするまでに時間がかった」と説明している。

教諭は「本当に申し訳ないことをした」

男性教諭は調査に対し「本当に申し訳ないことをした。ご迷惑をかけて、反省しています」と述べているという。都教委は「引き続き再発防止に努めたい」としている。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 厄介で大嫌い…のはずだった入学式。なんだかおかしなことが起きた

  • クリス・プラット、MTVアワードの受賞スピーチで下品なネタを投下

  • 東京芸大がミスコンを中止 「企画してしまったことを浅はかであったと痛感」

  • 終わらない戦争 慰霊の日に寄せて

関連記事

  • 千葉市の給油所、ガソリンが混ざった灯油を販売⇒市広報課が注意喚起「絶対に使わないで」

  • トヨタ、2025年までに全車種を電気化へ

  • 18歳からの白髪染めをやめたら自由になれた。グレイヘアを育てた女性が乗り越えた葛藤

  • EVと日本車の未来:研究員の眼

  • 大谷翔平の活躍に芸能界からも喜びの声 米メディアも「野球界が待っていた男」と賞賛

  • オーガニック農家と消費者をつなぐ「食べチョク」が4000万円を調達、好みの野菜が届く新サービスも