1. TOP
  2. 未分類
  3. イーロン・マスク、今度は風船とバウンスハウスでロケットを回収か

イーロン・マスク、今度は風船とバウンスハウスでロケットを回収か

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 47 Views

Elon Musk は日曜日(米国時間4/15)夜に、SpaceXの上段ロケットの新しい回収方法をTwitterで発表した。風船 —— Muskの表現を直接引用すると “giant party baloon” —— がロケットの一部を空気で膨らませたバウンスハウスへと運ぶ。これは冗談ではない。

他の誰がこのアイデアを提案したとしても無視されただろうが、最近のElon Muskは狂気のアイデアを現実にする術を持っている。

SpaceXが初めてロケットを打ち上げたのは、ついこの間の2012年だったが、その後ロケットはどんどん大きくなっていった。そして今年SpaceXは、高速ボートと巨大な網でロケットの一部を捕獲する方法を試みた —— ただしまだ成功はしていない。

ロケットの回収に風船が使われるのはこれが初めてではない。伝説のプログラマー、John Carmack のロケット会社が、2012年に風船を使ってロケットの本体とノーズコーンを取り戻そうとした。計画どおりには進まず、 当時の関係当局によると、ロケットはニューメキシコ州のSpaceport America敷地周辺に「ハードランディング」した。

SpaceXの自動着陸ロケットや巨大ネット船と同じように、目的は部品を再利用してロケット打ち上げコストを削減することだ。この最新計画がいつ実施されるか明らかではないが、将来SpaceXが少なくともテストしてみる可能性は高い。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Matt Burns

この人が書いた記事  記事一覧

  • Google Mapsがついに#flatearth(地球平面説)の信者でなくなった

  • 任天堂のSwitchの成功から何を学ぶべきか?

  • Alexa CastでAmazon MusicをAlexaデバイスへキャストできる

  • Microsoft、Xboxの新ハードウェアを来月発表

関連記事

  • なぜ父親の育児参加は大切か―萩生田代議士の言の「薄っぺらさ」の理由について

  • テイスト別、部屋をカフェ風にするディスプレイのポイント

  • 女性専用車両に男性数人が乗り込みトラブル。通勤ラッシュ時の千代田線が12分遅れる

  • Apple、Siriのウェブ検索をBingからGoogleに変更――iOS、Mac Spotlight、Safriの結果が一致

  • ハリー王子、メ―ガン・マークルのために禁煙したと報じられる

  • 「シリア攻撃」をめぐるフェイクニュースの情報戦