1. TOP
  2. 未分類
  3. 前足を失ったリスが、義足をプレゼントされ大興奮!【映像】

前足を失ったリスが、義足をプレゼントされ大興奮!【映像】

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 6 Views

Filed under: , , , ,


トルコで狩猟の罠にかかり、両前足を失ったリスのキャラメル君に救いの手が差し伸べられた。

キャラメル君は、イスタンブールにあるアイディン大学の整形外科医から車輪の義足を与えられ、(映像を見る限りまだまだ慣れが必要なようだが)再び元気に動き回ることができるようになったのだ。

整形外科医のムスタファ・グルテキンさんによると、「キャラメル君は、自分の巣で生きる野生の動物だ。そんな彼が体に異物を付けている訳だが、これに対する彼の反応は私たちにとって重要だ。見事この段階をパスできたので、今は歩く段階に突入した」という。医師たちは、新しい義足の製作に取り掛かかっているそうだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 殺害された女性ジャーナリストの取材を15カ国18メディア45人が受け継ぐ

  • ニューヨークのスタートアップは今、セキュリティ分野が優先事項になっている

  • ホセが強制的に送られた施設は、ナチスの収容所でも、刑務所でもなかったが…

  • 「障害者スポーツは福祉なのかスポーツなのか。」パラスポーツの可能性

関連記事

  • 土俵の女人禁制は「伝統」なのか? 相撲と女性をめぐる問題提起は過去にもあった

  • ハリー王子、近々メーガン・マークルへのプロポーズを計画していることが明らかに

  • 小泉進次郎氏、応援演説でまさかの「無言」。なぜ?

  • Virgin Galactic、VSS Unityの動力飛行に成功――2014年の事故以来、最初の宇宙往還機飛行実験

  • 「どうしたら、情報を効率よく処理出来ますか」

  • リベンジポルノの防止策は”自分のヌード画像をアップロード”?  Facebookの対策に疑問の声も