1. TOP
  2. 未分類
  3. 音楽SNSアプリ「nana」が600万ダウンロード達成、Androidで有料プランが追加されるなど大幅アップデートも

音楽SNSアプリ「nana」が600万ダウンロード達成、Androidで有料プランが追加されるなど大幅アップデートも

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 7 Views

音楽のセッションやコラボレーションを楽しめるSNSアプリ「nana」を提供するnana musicは4月11日、アプリダウンロード数が600万を突破したことを発表した。また同日、アプリの大幅なアップデートを行い、Android版でも有料版プラン「nanaプレミアム」が利用できるようになったほか、iOS版とのインターフェースの共通化や機能追加などが行われた。

nanaは、スマホのマイクで歌や楽器の演奏を録音して投稿すると、投稿された音楽に別のユーザーが重ね録りでき、音を通してつながることができるSNSアプリ。投稿に「拍手」やコメントを付けることもできる。合唱やバンドセッションのほか、声まねや朗読、声劇などの投稿もあり、音を通じたコミュニケーションが世界中のユーザーに楽しまれているようだ。

nana musicによれば、人気アーティストや、マイクロソフトのAI「りんな」とのコラボ企画、プレゼント企画などのイベント実施の効果もあって、ダウンロード数は安定して増加しているという。2012年8月のリリース以降、2017年10月にはダウンロード数500万を達成。現在、600万ダウンロードを超え、累計楽曲再生数は22.8億回以上となった。

有料のnanaプレミアムは、2016年10月からiOS版でスタートし、今回Android版にも対応。料金は月額580円だ。ロボっぽい「ケロケロ」声になるエフェクトなど5種類のエフェクトや、広告の非表示機能などが利用できる。

アップデートでは、Android版のインターフェースがiOS版とほぼ同じになったほか、iOS版で有料だったDoublerエフェクトを無料化。これまでに投稿したサウンドの傾向などから「おすすめ伴奏」を自動的に表示する機能の追加や、各種画面デザインの改善なども行われた。

nana musicは2013年3月の設立(サービスは法人登記前にスタート)。2017年1月にはDMM.comが株式を取得し、子会社化している

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Wakako Mukohata

この人が書いた記事  記事一覧

  • ユーザーを「人」として分析する顧客体験プラットフォーム「KARTE」のプレイドが27億円を資金調達

  • クリエイターの“お金に換えられない価値”を評価・支援する暗号通貨「CLAP」

  • ネット宅配クリーニング「リネット」に早朝・夜間の集配サービス登場——SBグループ子会社との提携で実現

  • アプリで作れるVisaプリペイドカード「バンドルカード」に後払い式「ポチッと」チャージ機能追加

関連記事

  • 【台風22号】沖縄が暴風域に 最大瞬間風速44.2メートルを観測

  • 「おかあさん」ばかりの絵本や育児書、チーム育児を阻む 父の早め帰宅で「母が休める時間」作って好循環を

  • インドで初のハイパーループ建設計画、実用化路線になる可能性も

  • ルービックキューブを「0.38秒」で揃えるロボット

  • 一部地域でApple Watchに天気を尋ねるとクラッシュする事例多数。原因はサマータイム

  • YouTube Liveに自動字幕とチャットリプレー機能がついた