1. TOP
  2. 未分類
  3. 次期Mac Proは2019年に登場。アップル幹部が明かす

次期Mac Proは2019年に登場。アップル幹部が明かす

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 5 Views

eng-logo-20152017年4月に完全新設計のMac Proが予告されてからはや1年。アップルの幹部が「(次世代)Mac Proは2019年の製品だ」とインタビューで語り、発売時期を公表しました。

次世代Mac Proはアップグレード性を重視したモジュラー式(ユーザー自身で内部パーツを換装できる仕組み)となると1年前に明らかにしながらも、発売時期については「年内(2017年)には用意できない」とするに留まっていました。

しばらく続報が途絶えていたなか、最高性能のプロユースMacを求めるユーザーにとっては朗報と言えそうです。

また、プロフェッショナル製品を開発するための「Pro Workflow Team」の立ち上げにも言及。Macのハードとソフトの開発チームが緊密に連携を取り、プロ向けソリューションを提供したい意図が語られています。

Macハードウェア製品マーケティング担当幹部のTom Boger氏は、アップル本社に招いた米TechCrunch編集長に対して「約束していたMac Proは2019年製品です」と簡潔に述べています。

Tom氏いわく「我々はプロの方々に対して透明性を保ち、オープンにコミュニケーションを取りたいので、Mac Proが2019年の製品だと知って頂きたいんです。今年は発売されません」とのこと。

なぜ透明性を強調しているのかといえば、ユーザーのお財布事情も考慮に入れているようです。

「現在、多くのお客さんがiMac Proを買うべきか、それともMac Proを待つべきか検討していると分かっています」ということで、自社のiMac Proとシェアの食い合いを避けた上で、機関投資家や大口の顧客にMac Pro用の予算をしっかり確保しておいてください、というメッセージかもしれません。

さらに同社のJohn Tenus(ハードウェアエンジニアリング担当幹部)率いる新たな部門、「Pro Workflow Team」も合わせて紹介されています。iMac Proや次世代Mac Pro、今後登場するプロ向けディスプレイなどの専門家向けハードに特化したチームであり、Final Cut Proなどのソフト開発部門とも緊密に連携していくとのこと。

そうした社内での協力のみならず、現場のニーズを理解するために顧客と関わり、総合的なプロ向けソリューションを提供していきたいと語っています。

話を次世代Mac Proに戻すと、気になるのがデザインでしょう。Tom氏は「以前も語ったように、その本質はモジュラーシステムであり、顧客とワークフローを見ても、それが本当のニーズであり、我々の目指す方向です」と述べながらも、どのような筐体になるかは詳しく語っていません。

かつてのPower MacやQuadraのように四角いタワー型になるのか、それとも前世代でおなじみ独特の円筒形になるのか。また有志のMac好きによる予想図やコラージュ画像がネットを賑わすのかもしれません。

Engadget 日本版からの転載。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Engadget Japanese

この人が書いた記事  記事一覧

  • ZTE、米国の輸出規制に反発。「不当であり、容認できない」

  • 全米の高校でeSportsが正式に採択、今秋から最低15州でスタート。ただし「銃を撃つゲーム」は除外

  • iPhone SE2(仮称)が6月のWWDCで登場?EECデータベースから可能性が急浮上

  • 任天堂が複数ディスプレイ連携の特許を出願。スイッチの新たな遊び方、それとも3DSの後継機?

関連記事

  • メリル・ストリープ、自身のオスカー候補作品をいくつ言えるか挑戦するも大苦戦!?【映像】

  • フェリシティ・ジョーンズ、伝記映画で若き日のギンズバーグ米連邦最高裁判事役に

  • Twitterがオンラインの会話や対話の健全性を判定するための客観的な測度を探している

  • 渡辺直美は「日本女性への固定観念を破壊する存在」 英VOGUEが絶賛

  • アメリカの富豪投資家たちは富士フイルム/ゼロックス合併条件に大不満

  • Apple、iOSとmacOSのARM版カーネルをオープンソース化