1. TOP
  2. 未分類
  3. TeslaはModel 3のAutopilotの操作インタフェイスを使いやすくした

TeslaはModel 3のAutopilotの操作インタフェイスを使いやすくした

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 23 Views

Model 3はAutopilotのコントロール方法が変わった。最近のアップデートでは、コントロールがインフォテインメントのスタックからステアリングホイールへ移った。それまでドライバーは、大きな画面を見ながらAutopilotのスピードや走行距離を変えていたが、その操作をするとき目が道路を離れてしまうのだ。

Model 3は、ミニマリズムの極地だ。そのために同社は、最良のインタフェイスをまだ模索しているようだ。たとえばModel 3では、ステアリングホイール上のコントロールは意図的に特定の機能に奉仕せず、車の役割に応じて変わるのだ。

2018.12のアップデートでは、右手のスクロールホイールが車のスピードを変え、その横のボタンが車間を変えるようになった。最新のコントロールは既存のコントロールを変えず、むしろそれらを補う。

Model 3の本誌のレビューでは、コックピットの簡素な設計に注目して、その長短を指摘した。前方視界に邪魔物がないのはすばらしいし、子どものころのソープボックスダービーで坂を転がっていくときのような、ピュアなドライブ体験が得られる。路面への接触感覚がとてもリアルだ。でもしかし、中央のタッチスクリーンへの依存が大きすぎて、単純なコマンドでも目が道路から離れることがよくある。

Autopilotがらみの死亡事故以降、Teslaに注がれる世間の目はますます厳しくなっている。今回のようなアップデートで同社は、オーナーの意見を取り入れてアップデートを実践していることを、見せつけようとしている。

[原文へ] (翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Matt Burns

この人が書いた記事  記事一覧

  • AmazonとGoogleがEchoとHomeに追加すべき8つの機能

  • これがUberの空飛ぶタクシーのコンセプトだ

  • 任天堂が今年の夏にモバイルのRPGをリリースする、Cygamesを起用して

  • iPhone SE 2にヘッドフォンジャックありとのリーク――背面はガラス、6月のWWDCで発表か

関連記事

  • こんなクールな「注ぎ口」でワインを飲みたい 軽井沢の作家の作品に商品化を望む声殺到

  • スマートイヤホンのDoppler Labs、5000万ドル調達後に廃業

  • 日本のICOファンド「B Cryptos」、韓国のブロックチェーン・プラットフォーム「ICON」と提携

  • 「結婚に向けた気運醸成のための動画」東京都が制作、なんで?

  • 糖尿病性網膜症を救済する

  • GoogleとSalesforceの提携、第一弾登場――顧客データの統合ツール各種発表