1. TOP
  2. 未分類
  3. 水原希子出演のCMに「日本人を使え」など差別ツイート サントリーとTwitterに聞いた

水原希子出演のCMに「日本人を使え」など差別ツイート サントリーとTwitterに聞いた

未分類
この記事は約 4 分で読めます。 19 Views

水原希子

モデルで女優の水原希子がCMに出演しているサントリーのツイートに対して、差別表現を含むコメントが多数投稿され、ネット上で物議を醸している。

当該のツイートは9月7日、サントリービール株式会社の商品「ザ・プレミアム・モルツ」のキャンペーンに伴い、同商品の公式アカウントが投稿した。

//platform.twitter.com/widgets.js

水原はアメリカ人の父親と韓国人の母親を持ち、アメリカ・テキサス州のダラス生まれを公表している。外国にルーツを持つことから、このツイートに「なぜ日本人を使わないのか」といったコメントが書き込まれた。

また、これ以前にも、5月から7月にかけて同アカウントには水原が出演するCMのツイートが複数回投稿されており、いずれも「在日」など差別コメントが付いている。

9月8日、Twitter社が民族差別や性差別にあたる投稿を放置しているとして、都内で市民らが抗議活動を行った。こうした動きやデモに対して、Twitter社は「早急な問題解決に向け動いています」とのコメントを発表している

このような経緯から、9月7日に投稿されたザ・プレミアム・モルツのツイートに対する差別発言への同社の対応に注目が集まったとみられる。

//platform.twitter.com/widgets.js

サントリー広報担当者は、ハフポスト日本版の取材に対して、「今回の当社の投稿に対して、Twitter上でキャンペーンの趣旨と異なるコメントが多く付いていることを残念に思っております」とコメントした。

Twitter社「毎日大量のツイートに対処を行っている」

ユーザーが好きな時に、好きなように「呟き」を投稿できるTwitter。自由な空間だからこそ、他人に対する差別的なツイートや、誹謗中傷にあたる言葉が蔓延ってしまっているのが現状だ。

Twitter社は、「ユーザーが安心してさまざまな意見や信念を表現できるよう、嫌がらせや脅し、または恐怖を与えて他のユーザーが発言できないようにするといった、攻撃的な行為を禁じています」とのポリシーを掲げている

2016年11月には、ユーザーが内容に問題があると判断したツイートを同社に「報告」する機能に、「人種、宗教、性別、考え方などを誹謗中傷または差別している」との項目を追加した。このフォームから報告されたツイートは、Twitter社のルールや該当する法律に基づき、違反と判断された場合に対応措置が取られる。

この機能を利用し、ザ・プレミアム・モルツのツイートに寄せられたリプライを「報告した」と宣言するユーザーの声もTwitter上では広がっている。

Twitter Japan社の広報担当者はハフポスト日本版の取材に対し、個別のアカウントに関するケースのため、同アカウントのツイートやリプライへの対応措置については回答できないとした。

その上で、ヘイトスピーチ対策として「すでに毎日大量のツイートに対処を行っている」とし、以下のようにコメントした。

「Twitterは世界中のすべての方々がそれぞれの視点や経験からの意見や知識、情報、また作品などを自由に表現できる場でありたいと考えています。そのために存在するTwitterのルールにのっとり、すでに毎日大量のツイートに対処を行っています。

先日の抗議活動を含め、ヘイトスピーチに関してさまざまなご意見を頂戴しています。100%ご満足いただく結果をもたらすことはなかなか困難ではありますが、最大限の努力のもとでTwitterを改良していこうとさまざまな観点から見直しを始めています」

https://scdn.line-apps.com/stf/line-news/js/thirdparty/banner2.js


Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 平昌オリンピック、主な日本人出場の競技と放送予定(2月21日)

  • “親友”と呼べない私。友達ってなんだろう。

  • 米国の映画館で『ブラックパンサー』ではなく官能ロマンス映画を誤って上映→観客は爆笑

  • 寝起きがだるい? プロ直伝「快眠5つのコツ」を試してみて

関連記事

  • すでに1000社以上が参入、インバウンド業界のカオスマップとレポートをナイトレイが公開

  • ダイムラーの新しい電動大型トラックは1度の充電で350キロを走る

  • 身長100cmの私が経験した流産。手術を終えて、やっと泣くことができた。

  • 桑田佳祐が出演した「ひよっこ 紅白特別編」とは?

  • 私はイクメンにはなりたくない

  • クリステン・ベルが『アナ雪2』に自信「新しいキャラクターも気に入るはず」