1. TOP
  2. 働き方
  3. フリーランスで賃貸契約は難しい?実際に賃貸契約を結んでみて分かったこと

フリーランスで賃貸契約は難しい?実際に賃貸契約を結んでみて分かったこと

働き方
この記事は約 4 分で読めます。 39 Views

なぜフリーランスは賃貸契約が難しいと言われるのか

フリーランスの場合、賃貸契約を結ぶのは難しいと聞いたことがありませんか。私自身、フリーランスとして賃貸契約を何回も結んできていますが、フリーランスが賃貸契約が難しいと言われるには理由があります。ここではその理由を説明します。

1.収入が安定していない

フリーランスは収入が安定しません。確かに会社員であれば毎月決まった給料が入ってきますから、家賃分を支払ってもらえないということはありません。しかし、フリーランスの場合、収入が多い月もあれば少ない月もあります。ただフリーランスとして生きている人は家賃が払えないほど収入がない月があるという人は少ないはずです。もしそうであればフリーランスとして生活していないでしょう。フリーランスとして生活しているものとしては、「正社員でもいつ収入がなくなるかわからない」と思いますが、一般的にはフリーランスのほうが収入が安定していないと考えられているということは覚えておきましょう。

2.フリーランスに対する信用がない

先ほどフリーランスは収入が安定しないと思われていることはすでに述べましたが、そもそもフリーランスに対する信用がないという人もいます。その理由としてはフリーランスというもののイメージが関係しています。人によっては「会社に雇ってもらえなかった人」、「フリーターと変わらない」と思っています。そのためフリーランスと言っただけで部屋を貸してくれない人もいるのです。その場合は別の物件をあたった方が良いでしょう。

実際に賃貸契約をしてみて分かったこと

私はフリーランスとして20年ほど働いていますが、今年もフリーランスとして4回目の引っ越しをしました。ここでは実際に引っ越しをしてみて分かったことを紹介します。

1.確定申告など収入の証明は必要

賃貸物件を借りる際に収入を書く欄があるのですが、そこに収入を書いたとしても実際にその収入が正しいのかどうかの確認は書類上で確認する必要があります。そのため確定申告の書類を提出することを求められることが多いです。今回の引っ越しでも確定申告の書類を提出しました。フリーランスの方は確定申告の書類を提出できるようにしておくことはもちろんこと、収入がしっかりとあるようにしておきましょう。そもそも収入が少なければ賃貸物件を借りることはできませんので、注意してください。

2.保証人は保証会社のところも多い

賃貸物件では保証人が必要になりますが、最近では最初から保証会社への申し込みが必要な場合があります。私も今回、初めて保証会社に申し込みました。それまでは保証人がしっかり用意できないと賃貸物件は借りられませんと言われましたが、保証会社があれば、保証会社の審査にさえ通れば借りられます。保証会社の場合、カードの滞納がないか、家賃の滞納はないかなど、これまでの支払い履歴が問われます。そこがしっかりとしていればフリーランスであっても問題なく審査には通ります。私も審査に通りました。

3.借りられないこともある?

これまで4回ほど引っ越しましたが、借りられないことはありませんでした。それはフリーランスであっても、毎年しっかりと収入があり、家賃の滞納をしたり、クレジットカードの滞納をしたりしたことがなかったことが原因だと思います。ただ、こうした支払い履歴に問題がある人はフリーランスでなくても賃貸物件は借りられないでしょう。

4.今回の引っ越しでは問題はなかった

私は今回、フリーランスとして4回目の引っ越しでしたが、特に問題はありませんでした。むしろ今回、初めて保証会社つきの物件で、むしろ簡単に契約できたとも言えます。もちろん物件によっては借りられないものもあるかもしれませんが、そうした場合はあきらめて次を考えるのが良いでしょう。

事務所兼自宅にする人は注意が必要

フリーランスで働いている人は、自宅を事務所にする人も多いはずです。基本的には人の出入りがない場合は、事務所を自宅にしても問題はないことが多いですが、自宅を事務所にすることを好まない方もいます。フリーランスであることは賃貸契約書を見れば分かりますし、勤め先が自宅になっているので、改めて説明しなくても自宅が事務所になることはわかるはずですが、説明はしっかりとしておきましょう。勝手に自宅を事務所にしてトラブルになることもありますので、注意が必要です。私は事前に説明して、「特に問題ありません」と言われました。皆さんも必ず確認するようにしましょう。

安定的に稼いでいきましょう

フリーランスで賃貸物件を借りる場合、とくに重要なのは収入です。安定的に収入を得ることができれば、問題なく賃貸物件も借りることができます。しっかりと収入を稼ぎ、確定申告をしっかりと行っておきましょう。私の場合、税理士に頼んでいますので、書類は完璧でした。苦手なところはプロに頼むこともおすすめします。

記事作成/ジョン0725

Source: ノマドジャーナル

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

gerge0725

この人が書いた記事  記事一覧

  • ウェブ関係のフリーランスで生きていくには~ウェブ関係の職種と仕事の取り方とは~

  • フリーランスで仕事をとるために登録すべきサイトは?~サイトの分類とおすすめのサイト~

  • フリーランスで賃貸契約は難しい?実際に賃貸契約を結んでみて分かったこと

  • フリーランスエンジニアはどう案件を見つければよい?~おすすめのサイトと案件の探し方~

関連記事

  • フリーランスは本当に未来の労働形態なのか?〜【世界の副業・複業、パラレルキャリア】第17回

  • フリーランスのなり方を知りたい!覚えておくべき知識や手続きを解説

  • 「しまの塾」を中心としたDaRETOの活動〜自分の生き方を創るための選択 第2回

  • 簡単に分かる!「働き方改革」をわかりやすく解説~背景・事例まで

  • 【地方×副業、リモートワーク】第7回:具体例・地方で働くことのメリット(1)

  • 副業とは?〜しても問題のない副業と注意すべき副業との違い〜