1. TOP
  2. 未分類
  3. 黒人男性射殺への抗議デモ、現場にいたパトカーがひき逃げ(動画)

黒人男性射殺への抗議デモ、現場にいたパトカーがひき逃げ(動画)

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 29 Views

3月30日夜の抗議デモ

アメリカ・カルフォルニア州サクラメントで3月31日夜、黒人男性が警官に射殺された事件の抗議デモで、現場にいたパトカーが急加速し、参加者をはねた。

午後8時40分ごろ、デモの現場にいたサクラメント郡保安官事務所のパトカーが急加速し、参加者のワンダ・クリーブランドさんをはねた。その瞬間の動画が公開され、サクラメント保安官事務所も事故があったことを認めた。

目撃者は地元紙サクラメント・ビーに、車はそのまま現場から走り去ったと証言した。

腕と後頭部に打撲を負ったクリーブランドさんは病院に搬送されたが、その後退院した。

「運転手は一度も停車しませんでした」と、クリーブランドさんはサクラメント・ビーに語った。「ひき逃げです。私がそんなことしたら逮捕されますよ。人の命をなんとも思ってないのか」

https://platform.twitter.com/widgets.js

動画を撮影したガイ・ダニロウィッツさんはCNNに、「非常に早いスピードで加速しました。車の周囲に人がいる時、そんなことをしたらいけません」と語った。

■ 保安官事務所「車両が傷つき、ガラスは粉々に」

保安官事務所は4月1日、声明で内部調査を行うと発表した。カリフォルニア州のハイウェイパトロールも調査を進めている。

保安官事務所は声明で、保安官代理が運転する2台のパトカーが抗議デモの現場近くで運転していた時、事故が起きたと述べた。

「保安官代理の1人が運転していた時、路上に出てきた抗議デモ参加者とパトカーが衝突した。パトカーが速度を落として運転していた時に、衝突が起きた」

「一連の出来事が起きている間、保安官事務所の車両は傷つき、へこみ、リアウインドウのガラスは粉々になった。車両の損害は歩行者を巻き込んだ衝突の結果起きたものではなく、群衆の破壊行為が原因である」

ハフポストは保安官事務所の広報担当者にコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

■ クラークさんは背中に7発の銃弾を受けていた

警官に射殺された黒人男性ステフォン・クラークさん(22)は3月18日夜、丸腰なのにもかかわらず自宅の裏庭で銃撃された。2人の警官はクラークさんが持っていたスマホを銃と見間違え、それぞれ10発発砲していた。

警察とは別に行われた検死の結果、クラークさんは背中に7発の銃弾を受け、即死ではなかったことが明らかになった。この結果を受けて、サクラメント市内では抗議デモが激化した。

公民権運動家のアル・シャープトン師は29日、クラークさんの葬儀でこう述べた。

「我々に正義がもたらされるまで、ステフォン・クラークの名前は決して忘れさせない。殺された彼は、私たちの誰かだったかもしれないからだ」

​​​​​​ハフポストUS版より翻訳、編集しました。

Source: ハフィントンポスト

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【動画】海洋ゴミから作られたクジラは訴える。人類にプラスチックの使い方を再考して欲しいと

  • 女子生徒36人が溺死した水難事件。橋北中学校の生還者が見た「モンペ姿の女」は幻だったのか?

  • 「世界一醜い犬コンテスト」で優勝したブルドッグが亡くなり、飼い主がコメント「美しい顔を見た瞬間、永遠の家族になると直感」

  • えっ、もう見れるの? Amazonプライム・ビデオで配信中の2018年大ヒット映画を一挙紹介。『シェイプ・オブ・ウォーター』から『ブラックパンサー』まで

関連記事

  • 籠池泰典前理事長、保釈会見「これから活躍させてもらわないかんなと思っております」

  • 自分をハッピーにできるのは自分だけ。だから、めいっぱい生きる。NY在住・佐久間裕美子さんの生きかた

  • 入社前に期待させすぎると、パフォーマンスは落ちる。人を採用する時に大切なこととは

  • Facebook、 “tbh” の人気低下を受け、ソーシャル質問「Did You Know」をスタート

  • 梅毒の感染者が5000人突破 日本で広がる「特殊な事態」とは

  • 自動ネイルアート機、アパレル法人向けフリマなど:Incubate Camp 10th登壇企業紹介(後編)