1. TOP
  2. 未分類
  3. トム・ハーディ、新作伝記映画で暗黒街の帝王アル・カポネに扮した自身の画像を披露!

トム・ハーディ、新作伝記映画で暗黒街の帝王アル・カポネに扮した自身の画像を披露!

未分類
この記事は約 3 分で読めます。 11 Views

Filed under: , , ,

トム・ハーディは、12月に日本で公開されるソニー・ピクチャーズによるスパイダーマンのスピンオフ映画『ヴェノム』の次は、暗黒街の帝王だったアル・カポネに変身する。


ジョシュ・トランクが脚本と監督を手掛けた、トム・ハーディ主演のアル・カポネの伝記映画『Fonzo』(原題)は、4月2日(現地時間)にクランクインすると報じられている。

トム・ハーディは、衣装部屋のような画像をSNSに公開。ここで彼らはアル・カポネの外見を”追い求めて”いるようだ。

Chasing Fonzo…🔥🙏🌅🇺🇸🌠🌠🌠🌠😇😇😇😇

Tom Hardyさん(@tomhardy)がシェアした投稿 –

「Fonzoを追い求めている…僕たちのために祈って」

僕たちのために祈ってというのは彼のリクエストだろうか? ダメな理由などない。祈ろうではないか。

アルフォンス・ガブリエル・カポネは、梅毒で認知症を患い48歳で他界。この映画は暗黒世界のボスであった彼が、脱税の罪でアルカトラズ刑務所に収監されていた時の彼の晩年に焦点を当てている。

「Deadline」によるあらすじは以下の通り。

「アル・”フォンゾ”・カポネは禁酒法時代、圧倒的な力でシカゴを支配していた。彼は捜査官のエリオット・ネスに逮捕されるまで、最も悪名高き、恐れられていたアメリカの伝説的ギャングだった。この映画は、そんなアル・カポネの晩年を描く…」

その他の共演者には、カポネの辛抱強い妻のメエ役にリンダ・カーデリニ、カポネの親しい友人ジョニー役はマット・ディロン、カポネの主治医役カーロックにはカイル・マクラクラン、カポネの妹の一人、ロージー役にキャサリン・ナルドゥッチ、そしてFBI捜査官クロフォード役をジャック・ロウデンが演じる。

「Variety」によると、撮影は4月2日(現地時間)からニューオーリンズで開始されるが公開日はまだ発表されていない。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ

Permalink

Source: AOLニュース

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

genki

genki

 小学校元教諭。6年間、教壇に立つが日々追われる実務、長引く会議、閉塞的な職場に、次第に心が疲弊していく。やがてブラックな職場で自殺願望すら生まれ、このままでは死ぬ前に後悔する人生になってしまうと思い退職を決意。小学校の先生を辞め、自力で稼ぐと決断する。
 そして、幸運な事にビジネスの権威と出会う機会に恵まれ、直接指導を受ける機会を得る。この決断がたった1つの奇跡的な出会いを引き寄せ、その後は師に教わったビジネスノウハウをひたすら実行し続け会社の発展に至る。
 会社設立から3年後、デンマークで最高峰の働き方が実施されている企業を現地視察。管理職、社員が共に幸せになれる8つのエッセンスを欧州より持ち帰り、自身の会社を通して日本中に広めようと奮闘中。
 埼玉県さいたま市出身。既婚。早く子供が欲しく妊活真っ最中の1983年5月生まれ。趣味は空手、柔術、ウクレレ、食べること、バターコーヒー。好きな言葉は下座達観。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『アルコール依存症』は否定。山口達也メンバー「肝臓を休ませるための入院だった」

  • 写真で22世紀と出会う時間。未来のかたちを、描いてみよう【イベント】

  • 30年の時を超えて「同性愛」を描く2つの映画『モーリス』『君の名前で僕を呼んで』が公開

  • 「アクセス遮断が進めば、中国と同じ状況になる」NTTコム提訴の中澤佑一弁護士が警鐘

関連記事

  • Smartsheetの共同ファウンダーが大転換。次のプロジェクトは石拾いロボット

  • 「いつでもクビにできる」 上司から「日本の法律無視」の退職強要を受けたと男性が提訴

  • 「ウイルス性胃腸炎をバッチリ対策!」と思ったけど・・・・

  • 藤崎彩織、デビュー作で直木賞候補に。セカオワ・Saoriが打ち明けた「5年間の死闘」

  • アメリカの核シェルターに入って感じたこと。北朝鮮とアメリカの軍事衝突は、どこまで現実味があるのか

  • APIとユーザープロダクトとの統合で機械+人力の翻訳サービスを提供するUnbabelが$23Mを調達