1. TOP
  2. 未分類
  3. iOS 11.3正式版リリース(ただし新iPad限定)。iPhoneユーザーはしばらくお預け?

iOS 11.3正式版リリース(ただし新iPad限定)。iPhoneユーザーはしばらくお預け?

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 87 Views

eng-logo-20152018年1月に開発者向けのベータ版が配布されていたiOS 11.3ですが、正式版がリリースされたと伝えられています。ただし、現状でダウンロードが可能となっているのは、なんと先日発表された新しいiPad(第六世代)のみ、という仕組み。

新しいiPadの初出荷は今週末であり、店頭ではまだ販売されていません。iPhoneなど他のiOS機器はまだ対象外のため、何らかの理由により新しいiPadを手にしている人だけが利用できるという現状です。

関連記事:
iOS 11.3の開発者向けベータ版がリリース。バッテリー状態の診断や健康管理の新機能が追加
アップル発表まとめ。廉価iPadがペンシル対応、教育向け新機軸も多数

もし新しいiPadをお持ちの方は、従来のiOSアップデート手順と同じく【設定】【一般】【ソフトウェア・アップデート】の順に選択することでダウンロードできるとのこと。

iOS 11.3の新機能はすでに明らかにされています。アップルの公式プレビューによれば拡張現実感をサポートする開発環境ARKitの更新、アニ文字4つの追加と健康データ管理の新機能であるHealth Records、ユーザーが企業と直接コミュニケーションが取れるBusiness Chatなど。

さらにベータ版を解析した技術者からは、iCloudベースのシングルサインオンの可能性も報じられていました。

その中での目玉機能であり、世界を騒然とさせたiPhoneの意図的な低速化にも関わる「Battery Health」は、iPhoneのみが恩恵に預かれる機能です。ある意味では今回のバー序アップの目玉だけに、それを確認できないiPadだけで先行してダウンロードできるのは、少し肩透かしといえるかもしれません。

ともあれ、正式版がリリースされたことは事実です。従来の動向からすると、早ければ今週中から来週ぐらいにも、他のiOS機器でもダウンロードが可能になるかもしれません。

Engadget 日本版からの転載。

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

Engadget Japanese

この人が書いた記事  記事一覧

  • アップルカーが2023年から2025年に、革新的ARメガネが2020年に登場?著名アナリストが予測

  • Instagramにハッキング被害。数百人規模のアカウント乗っ取り、2要素認証も突破との報告も

  • アップル京都店は8月25日朝10時オープン。京都生まれゲーム特集も

  • SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

関連記事

  • Facebookの特許条項のリスクを嫌い、WordPressがReactライブラリの利用を止めることを発表

  • ParityのEthereumウォレットに深刻な脆弱性――巨額の暗号通貨が凍結中

  • 『ウォーキング・デッド』シーズン9にシェーン役ジョン・バーンサルが再登場!

  • 介助犬が空港内で8匹の子犬を出産。消防本部の手伝いで「無事、誕生!」

  • 韓国と北朝鮮は、バスケットボールでひとつになった。「平和」と「繁栄」のユニフォームを着て。

  • AppleはiCloudのデータをGoogle CloudとAmazon S3に保存している