1. TOP
  2. 未分類
  3. マイクロソフト、利用規約改訂で攻撃的コンテンツや発言を禁止へ

マイクロソフト、利用規約改訂で攻撃的コンテンツや発言を禁止へ

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 15 Views

CSOOnlineの報道によると、Microsoft は同社サービス上で攻撃的発言を禁止する方法を検討している。対象となるプラットフォームにはSkype、Xboxのほか、なぜかOfficeも含まれている。記事に取り上げられているMicrosoftの新しい利用規約には、ユーザーに「各種サービスを利用して不適切なコンテンツや資料(ヌード、残虐性、ポルノ、攻撃的言語、露骨な暴力、犯罪行為等)」を共有することを許さない」と記されている。つまり、ゲーム「オーバーウォッチ」で子供に罵詈雑言を浴びせるとXbox Liveのメンバー資格を失うことになるかもしれない。

「われわれは当社顧客が安全に安心してサービスを利用できることを約束する。最近改訂されたMicrosoft利用規約には、ユーザーから不適切な公開コンテンツについて通報を受けた際の当社の対応方法が明記されている」とMicrosoftの広報担当者は言った。同社は “Microsoft Agents” はSkype 通話を監視していないため、明らかな乱用の証拠を伴う苦情に対してのみ対処することも付け加えた。5月1日に発効される新規約では、Microsoftが不適切なコンテンツを発信したり攻撃的発言を行う行為を発見した場合、そのユーザーをサービスから排除できるようになる。

改訂された規約によって、Microsoftは悪質なユーザーに対処する大きな力を得る。同社サービス上での悪質行為の取り締まりに本腰を入れ始めたようだ。これはMicrosoft製品上のプライベートなコミュニケーションチャンネルで悪質行為の被害にあっている人たちにとって朗報だ。Xboxで相手の母親を罵るような言葉を発する「荒らし」たちに、考え直す機会を与えることを期待したい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Source: テッククランチ

\ SNSでシェアしよう! /

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワークシフト 日本働き方改革推進本部の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

著者紹介 著者一覧

John Biggs

この人が書いた記事  記事一覧

  • IKEAの家具を組み立てるロボットをMITとシンガポールNTUが開発

  • Roadie 2チューナーがギターチューニングに苦しむ私たちを救う

  • ベトナムのICOで6.6億ドルと首謀者7人が消えた――愚か者とその金は…?

  • セサミストリートが初めてKickstarterを利用、自閉症児のブックに出版資金を募集

関連記事

  • 在日カンボジア人が安倍首相・河野外相に請願書を提出「自由で公平なカンボジア総選挙を実現して」

  • ミャンマー・ヤンゴンで新たな文化発信!バイオリン×ベリーダンス企画中

  • 私は自閉症。これが私の生きている世界です

  • 若者の間で盛り上がりを見せる「ファッションレンタル」 魅力はスタイリスト制やインスタ映え

  • キム・カーダシアンとカニエ・ウェストが明かした、一風変わった第3子の名前とは?

  • 情報過多の時代、どんな風に自分のあたまの中を整理している?